Anker、究極の持ちやすさを実現した10000mAhモバイルバッテリー「Anker PowerCore 10000 Redux」の販売開始

スポンサーリンク

アンカー・ジャパンは、大容量モバイルバッテリー「Anker PowerCore 10000 Redux」を2019年1月31日(木)よりAnker公式オンラインストアAmazon.co.jp、一部家電量販店等にて販売開始することを発表しました。

スポンサーリンク

究極の持ちやすさを実現した10000mAhモバイルバッテリー「Anker PowerCore 10000 Redux」とは?

大容量モバイルバッテリー「Anker PowerCore 10000 Redux」

「Anker PowerCore 10000 Redux」は、不動の人気を誇る10000mAhのモバイルバッテリーにAnkerが改めて向き合った意欲作となっています。

本体の縦幅を「Anker PowerCore 10000」より15%ほど細い約52mmに抑え、人間工学に基づいた吸い付くような曲線デザインと滑りにくいストライプメッシュ加工を採用することで、しっかりとしたグリップ感を実感できる「究極の持ちやすさ」が実現したとのことです。

最新のiPhone XSで約2.6回、Galaxy S9で約2.3回、iPad Pro (2018, 11インチ) で約1回、その他のほとんどのスマートフォンに複数回の充電ができる大容量バッテリーを備えます。

低電流モードも搭載し、イヤホン等の小型電子機器やウェアラブル機器に最適な電流で安全に充電することができます。

大容量モバイルバッテリー「Anker PowerCore 10000 Redux」2

「Anker PowerCore 10000 Redux」の製品仕様

入力:5V=2A
出力:5V=2.4A
サイズ:約104 × 52 × 25 mm
重さ:約184g
パッケージ内容:Anker PowerCore 10000 Redux、Micro USBケーブル、トラベルポーチ、取扱説明書(※USB-Cケーブル、Lightningケーブル、ACアダプターは別売り)
販売価格:税込3,299円

タイトルとURLをコピーしました