【2022年最新】スマホ料金プラン比較

マスクしたままiPhoneのFace ID(顔認証)でロックを解除する設定方法・使い方【iOS15.4以降】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。
iPhoneの使い方(小技・裏技)

2022年3月15日に公開されたiOS 15.4にアップデートすることで、マスクを着用したままFace ID(顔認証)でロックが可能になりました。

本記事ではその設定方法・使い方を解説します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マスクしたままiPhoneのFace ID(顔認証)でロックを解除する設定方法【iOS15.4以降】

本機能が使えるiPhoneについて

まずはじめに、今回のマスクしたままでFace ID(顔認証)でロック解除する機能を使えるのは、iPhone12以降のiPhoneとなっています。iPhoneXやiPhone11では本機能は使えません。

iPhoneのソフトウェアを最新のものにアップデート

設定をタップ。

設定アプリ

「一般」をタップ

マスクしたままiPhoneのFace ID(顔認証)でロックを解除する方法

「ソフトウェア・アップデート」をタップ。

マスクしたままiPhoneのFace ID(顔認証)でロックを解除する方法2

最新iOSのアップデートがある場合は、下のような画面が表示されるので、「ダウンロードしてインストール」をタップして、アップデートを進めます。

マスクしたままiPhoneのFace ID(顔認証)でロックを解除する方法3

マスク着用時にFace IDを使用するための設定をする

iOSのアップデートが完了すると「マスク着用時にFace IDを使用する」が表示されます。

「マスク着用時にFace IDを使用する」をタップ。

マスクしたままiPhoneのFace ID(顔認証)でロックを解除する方法6

Face IDのセットアップをします。画面の案内に従って顔を登録してください。終了したら「完了」をタップ。

マスクしたままiPhoneのFace ID(顔認証)でロックを解除する方法7

メガネをかけている人は「メガネを追加」

普段メガネをかけている人は、さらに顔の情報を追加しておきましょう。

設定をタップ。

設定アプリ

「Face IDとパスコード」をタップ。

マスクしたままiPhoneのFace ID(顔認証)でロックを解除する方法4

「メガネを追加」をタップ。続けるをタップし、顔の情報を登録すればOKです。

マスクしたままiPhoneのFace ID(顔認証)でロックを解除する方法8

マスクしたままFace IDでロック解除するやり方・コツ

マスクをつけている状態だと目元だけで認証することになるので、マスクをつけていないときよりも、しっかりとiPhoneを注視する必要があります。

マスクした状態でのFace ID認証の失敗が多いなと感じる方は、iPhoneを顔の正面にしっかりと持ってきて、iPhoneを注視することを意識すると成功率が上がると思います。

もちろんこの方法でも100%成功するわけではありませんが、失敗多いなと感じている方は、試してみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
iPhoneの使い方・設定スマホの使い方
スマホアプリライフ!!をフォローする
スマホアプリライフ!!おすすめAndroid、iPhoneアプリ情報サイト
タイトルとURLをコピーしました