9月以降に全国約3,700店舗のソフトバンクショップとワイモバイルショップが 、ゲームアプリ『Pokémon GO』の「ポケストップ」または「ジム」として登場

シェアする

ソフトバンクは、Android/ios向けに配信されているゲームアプリ『Pokémon GO』において、Niantic, Inc.および株式会社ポケモンとパートナーシップ契約を締結したことを発表しました。

これにより、全国約3,700店舗のソフトバンクショップとワイモバイルショップが、「ポケストップ」または「ジム」として2016年9月以降に登場します。

ソフトバンクは今後、ソフトバンクならではの『Pokémon GO』とのコラボキャンペーンやサービスの提供を検討しているとのことです。

今後の最新情報は、下記のお客さま向け特設サイトで案内されます。
ソフトバンクショップとワイモバイルショップがポケストップとして登場 | モバイル | ソフトバンク

プレスリリース
全国約3,700店舗のソフトバンクショップとワイモバイルショップが『Pokémon GO』の「ポケストップ」「ジム」に! | ソフトバンク株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンクグループ