ツイートまとめサービス『トゥギャッター』の公式アプリがアップデート。閲覧履歴をチェックできる「最近見た」機能の追加や不具合の修正など

シェアする

Android/iOS向けに配信されているツイートまとめサービス『トゥギャッター』の公式アプリがアップデートされました。

新機能「最近見た」の追加と不具合修正など

今回のアップデートで、閲覧履歴をチェックできる新機能「最近見た」が実装されました。閲覧履歴は200件分保存され、日付ごとに自動的に分類されます。その他にも、コメントの返信先が正しく表示されない不具合の修正、コメントの返信先をタップした時に落ちるバグの修正、「いいね」からのツイートにコメントのURLが含まれるようになる修正が行われます。

「最近見た」タブを表示する方法

アプリをアップデートしたけど「最近見た」タブが表示されていない場合は、まず、画面左上にある三本線のマークをタップ。
トゥギャッター最近見た機能の使い方1a

マイページに移動したら次は画面右上にある歯車マークをタップ。

トゥギャッター最近見た機能の使い方2a

オプションに移動するので、オプションの「設定」の中にある「タブの編集」をタップ。

トゥギャッター最近見た機能の使い方3a

「タブの編集」に移動したら、「公式機能」の中にある「最近見た」にチェックを入れましょう。

トゥギャッター最近見た機能の使い方4a

これでタブに「最近見た」が表示されます。

トゥギャッター最近見た機能の使い方5a

Google PlayでダウンロードApp Storeでダウンロード

© Togetter Inc.

おすすめ記事

シェアする

フォローする

この記事をお届けしたスマホアプリライフ!!の最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!