Apple、「iPhone 7」でモバイルデータ通信のサービスエリア内でも圏外と表示される問題に対する修理プログラムを発表

シェアする

Appleは、ごく一部の「iPhone 7」において、メインロジックボードのコンポーネントの故障により、モバイルデータ通信のサービスエリア内でも「圏外」と表示される場合がある不具合が判明したとして、この問題に対する修理プログラムを発表しました。

圏外問題の修理プログラムの対象になる「iPhone 7」について

圏外になる問題が確認されているのは、2016年9月から2018年2月までの間に製造され、中国、香港、日本、マカオ、米国で販売された「iPhone 7」。

本プログラムの対象となる「iPhone 7」のモデル番号(「iPhone 7」の背面に記載)は、日本の場合は「A1779」です。

現在使用している「iPhone 7」に上記の症状が見られる場合は、無償で修理を受けることがきます。また、この問題に関してすでに有償で修理をしている人に関しては、Appleからメールで連絡をした上で返金手続きを行うとのこと。この問題に関係があると思われる修理を有償で行ったにもかかわらず、2018年3月末までにAppleからメールで連絡がない場合は、Apple に問い合わせるように案内しています。

「iPhone 7」の修理プログラムの手続きについて

「iPhone 7」の修理プログラムは、「Apple 正規サービスプロバイダ」「Apple Store 直営店」「Apple テクニカルサポート」のいずれかの方法で手続きができます。

詳細はApple サポートで確認できます。
「圏外」の問題に対する iPhone 7 修理プログラム – Apple サポート

シェアする

フォローする

おすすめ記事