個人投資家向け投資管理アプリ『マイトレード』、SBI証券株アプリとのアプリ間コラボを9月8日から開始。国内株式に加えて外国株式などの資産額を『マイトレード』で管理可能に

スポンサーリンク

投資管理アプリ「マイトレード」とSBI証券がコラボレーション0

テコテック、ドコモ、SBI証券は、個人投資家向け投資管理アプリ『マイトレード』とSBI証券株アプリのアプリ間コラボレーションを2018年9月8日(土)から開始することを発表しました。

スポンサーリンク

SBI証券株アプリとのコラボレーションで、外国株式などの金融商品単位の資産額を『マイトレード』」で管理可能に

これまで『マイトレード』では、国内株式のみに対応していましたが、今回のSBI証券株アプリとのコラボレーション開始に合わせて、SBI証券口座保有者は、国内株式に加えて外国株式などの金融商品単位の資産額を『マイトレード』で管理できるようになります。

投資管理アプリ「マイトレード」とSBI証券がコラボレーション1

有料のBasicプラン(月額500円)、Proプラン( クレジットカード払い:月額2,500円、アプリストア課金:月額3,400円)の利用者は、さらに細かい単位で表示されます。

投資信託 : 個別投信銘柄
外国株式 : 国別資産 (例:米国株式)
ロボアドバイザー : 個別ロボアドバイザー銘柄

投資管理アプリ「マイトレード」とSBI証券がコラボレーション4

SBI証券口座保有者が、他の証券口座に先駆けて利用できる商品・機能

追加対応商品

  • 投資信託
  • 外国株式・ETF
  • 金プラチナ
  • 先物オプション
  • 債券
  • eワラント
  • ロボアドバイザー(FX、CFD、iDeCoは今後の対応を検討)

追加対応機能

  • 金融商品ごとのアセットアロケーション(円グラフ)
  • 資産推移(積層グラフ)

投資管理アプリ「マイトレード」とSBI証券がコラボレーション5

投資管理アプリ「マイトレード」とSBI証券がコラボレーション6

今回の改善により追加された資産は、2018年9月8日よりデータが蓄積されます。

リンクマイトレード(myTrade)|投資管理アプリ。株式投資を自動で記録分析。個人投資家・トレーダー自己管理サービス

タイトルとURLをコピーしました