モバイル送金・決済サービス「LINE Pay」、12月14日から大阪市の税金の支払いに対応

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

 

LINE Payは、コミュニケーションアプリ『LINE』上で展開しているモバイル送金・決済サービス「LINE Pay」の「LINE Pay 請求書支払い」において、2018年12月14日(金)より、大阪市の税金の支払いに対応することを発表しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大阪市の発行する納付書を「LINE Pay 請求書支払い」で支払うことが可能に

LINE Payは、2018年12月14日(金)より、大阪市の税金の支払いに対応することを発表しています。これにより電算システムが行う収納代行サービスを通じて、大阪市の発行する納付書を「LINE Pay 請求書支払い」で支払うことが可能になります。

対象となる納付書は以下の通りです。

  • 個人市・府民税(普通徴収)
  • 個人市・府民税(特別徴収)
  • 固定資産税・都市計画税(土地・家屋)
  • 固定資産税(償却資産)
  • 軽自動車税
  • 法人市民税
  • 事業所税
  • 市たばこ税
  • 入湯税

「LINE Pay 請求書支払い」の使い方

  1. スマホアプリ『LINE』内にあるお財布マークの「ウォレット」タブから「請求書支払い」をタップ
  2. 表示される案内を読んで次へ進むと、コードリーダーが立ち上がる
  3. 手元の請求書のバーコードを読み取る
  4. 画面上に表示された請求内容を確認する
  5. 支払いを行う
  6. パスワードを入力する
  7. 支払い完了

LINE Pay、12:14から大阪市で初の税金支払いに対応

LINE Pay、12/14から大阪市で初の税金支払いに対応
LINE Pay、12/14から大阪市で初の税金支払いに対応|LINE株式会社のプレスリリース

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
サービス・アップデート情報ニュース
スマホアプリライフ!!をフォローする
スマホアプリライフ!!おすすめAndroid、iPhoneアプリ情報サイト
タイトルとURLをコピーしました