コロプラ、『最果てのバベル』のセールスランキングの操作を目的として従業員が取引先に自社費用850万円をもって課金を依頼

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約1分で読めます。

コロプラは、本日6月21日、同社の従業員による不適切な取引が判明したことを発表しました。

コロプラ公式サイトに掲載された「当社従業員による不適切な取引について」によると、役職者を含む従業員2名が関与し、セールスランキングの操作を目的として自社費用850万円をもってスマホゲームアプリ「最果てのバベル」に課金することを取引先に依頼し、2019年6月13日に取引先が課金を実施した疑いが判明したとのこと。

今後の対応については、現時点では過去における同様の取引は確認されてはいないものの、今回の事象を重く受け止め、取締役会を開催し第三者を含めた調査委員会を立ち上げ、厳正かつ徹底した調査を実施する予定とのことです。

当社従業員による不適切な取引について(PDF)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ニュース
スマホアプリライフ!!をフォローする
スマホアプリライフ!!おすすめAndroid、iPhoneアプリ情報サイト
タイトルとURLをコピーしました