楽天証券、米国株式の最低取引手数料を0.01米ドルに引き下げ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約1分で読めます。

楽天証券(2019年7月22日以降。税抜)

楽天証券は、7月22日(月)米国現地約定分より米国株式取引の最低取引手数料を大幅に引き下げることを発表しました。改定後の最低取引手数料は0.01米ドル(1セント)になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

米国株式取引 手数料各社比較表(2019年7月22日以降。税抜)

米国株式取引 手数料各社比較表

昨日、マネックス証券が、米国株最低取引手数料を0.1米ドルに引き下げを発表したばかりだったので、このニュースにはびっくりしました。マネックス証券よりもさらに安くしてきました。これで少額の投資がさらにしやすくなりましたね。

これをうけてSBI証券がどう動いてくるのか?注目したいところです。

楽天証券、米国株式の最低取引手数料を大幅引き下げ
楽天証券、米国株式の最低取引手数料を大幅引き下げ|楽天証券のプレスリリース

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ニュース
スマホアプリライフ!!をフォローする
スマホアプリライフ!!おすすめAndroid、iPhoneアプリ情報サイト
タイトルとURLをコピーしました