マネックス証券、米国株の最低取引手数料を0.01米ドルに引き下げ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約1分で読めます。

マネックス

マネックス証券は、2019年7月22日(月)米国現地約定分(予定)より、米国株取引における最低取引手数料(税抜)を0.1米ドル(10 セント)から0.01米ドル(1セント)に引き下げることを発表しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

米国株の最低取引手数料を0.1米ドル→0.01米ドルに引き下げ

マネックス証券は、7月4日(木)に本日7月8日(月)より、米国株最低取引手数料を0.1米ドルに引き下げることを発表していましたが、今回さらに手数料の引き下げを実施し、7月22日(月)米国現地約定分(予定)より、米国株の最低取引手数料を0.01米ドル(1 セント)に引き下げることを発表しました。

先日、楽天証券が米国株の最低取引手数料を0.01米ドルにすることを発表したのを受けて、マネックス証券もすぐに合わせてきました。SBI証券の動きが気になるところです。

主要ネット証券米国株取引手数料(税抜)比較(2019年7月22日以降)

米国株の最低取引手数料を0.01米ドルに

米国株の最低取引手数料を0.1 米ドル→0.01 米ドル(1 セント)に
米国株の最低取引手数料を0.1 米ドル→0.01 米ドル(1 セント)に|マネックス証券株式会社のプレスリリース

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ニュース
スマホアプリライフ!!をフォローする
スマホアプリライフ!!おすすめAndroid、iPhoneアプリ情報サイト
タイトルとURLをコピーしました