ライブ配信アプリ『17 Live』、ライバー(ライブ配信者)の収入実態を公開。副業の月平均6万円以上を稼ぐライバーは4,206名

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

ライブ配信アプリ『17 Live(イチナナライブ)』を運営する17 Media Japanが、ライブ配信で報酬を得ているライバー(ライブ配信者)の収入実態を独自調査し、その結果を発表しました。

Google PlayでダウンロードApp Storeでダウンロード

スポンサーリンク
スポンサーリンク

『17 Live』のライバーで、月6万円以上の報酬を得ているライバーは4,206名

調査結果サマリーによると一般的な副業の稼ぎは月平均6万円程度。『17 Live』でそれ以上の報酬を得ているライバーは4,206名にも上るとのこと。月3万円を上回る報酬を得ているライバーも6,701名いるとしています。

新型コロナウイルス禍以降、『17 Live』で配信するライバーの数は毎月記録を更新し、右肩上がりで推移しているとのことです。

新型コロナウイルスによる外出自粛要請以降のライバー参加率は前月比の約5倍

『17 Live』は、2020年2月末より、新型コロナウイルスの影響でイベント等の中止または延期を決めた主催者を対象にした「ライブ配信に関するサポート窓口」を設置し、様々なアーティストや企業、団体のライブ配信を支援しているとのこと。

その支援や社会状況からのライブ配信への注目が高まったことで、ライバーへの参加率(2020年4月)は、前月比で約5倍の伸びを記録したようです。

6万以上稼げている人がこんなにいるのは驚いた。3万円以上の人も結構いるし、新しい稼ぎ方の一つとして『17 Live』にチャレンジしてみるのは全然ありなのかもしれないですね。まあ簡単ではないとは思いますが・・・

『17 Live』アプリ情報・配信日

17 Live(イチナナ) - ライブ配信 アプリ

タイトル:17 Live
ジャンル:ライブ配信アプリ
対応OS:iOS/Android
価格:基本無料(アイテム課金あり)

Google PlayでダウンロードApp Storeでダウンロード

おすすめ無料ライブ配信アプリまとめ【おすすめポイントをサクッと比較】
無料で楽しめるおすすめライブ配信アプリをまとめています。無料ライブ配信アプリのおすすめポイントをチェックしつつ比較したい方はぜひご覧ください

新型コロナウイルス禍で脚光を浴びる「ライバー」という職業「17 Live」にて、副業の月平均6万円以上を稼ぐ「雇用」を4,206名創出。
新型コロナウイルス禍で脚光を浴びる「ライバー」という職業「17 Live」にて、副業の月平均6万円以上を稼ぐ「雇用」を4,206名創出。|株式会社17 Media Japanのプレスリリース

タイトルとURLをコピーしました