FROSK、スマホアプリ利用時間増減ランキングを発表。アプリ利用時間が増加したジャンル1位は動画・音楽・ゲーム・コミック

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。

スマホアプリ利用時間増減ランキング00

スマートフォンアプリのクラッシュ、エラー検知・分析ツール「SmartBeat」の提供や、情報収集を行うFROSKは、スマートフォンのアプリの利用状況やクラッシュに関するアンケート調査「アプリ利用実態調査レポート(2020年春、新型コロナウイルス影響調査)」を実施し、その結果を発表しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型コロナウイルス影響におけるスマホアプリ利用時間増加ジャンルランキング。「動画・音楽・ゲーム・コミック」が1位

「世界中で新型コロナウイルスの流行となっていますが、半年前の2019年10月頃と比較して、ウイルスの影響で利用時間はどう変化しましたか?」という質問について、「劇的に増えた」「増えた」と回答した割合が16アプリジャンル中で最も多かったのは、38.2%で「動画・音楽・ゲーム・コミック」。2位と3位は個人用と仕事用のコミュニーケーションツールという結果になっています。

1位が「動画・音楽・ゲーム・コミック」ということで、まあこれ納得の結果ですね。外出ができない状況の中で、「動画・音楽・ゲーム・コミック」は家で楽しめることの筆頭とも呼べるジャンルですからね。

実際私も動画や漫画を中心に生活してました。

スマホアプリ利用時間増減ランキング01

新型コロナウイルス影響におけるスマホアプリ利用時間減少ジャンルランキング。ナビ系アプリの利用が減少

同じ質問について、「減った」「劇的に減った」と回答した割合が16アプリジャンル中で最も多かったのは、20.2%で「ナビゲーション(路線検索、地図、カーナビなど)」。2位以降、求人・不動産、スポーツ観戦や旅行先情報、グルメ情報などのエンターテイメントという結果になっています。

ナビ・路線検索系のアプリや求人、スポーツ関連など外出規制の影響を大きく受けるジャンルのアプリの利用が減っていますね。

スマホアプリ利用時間増減ランキング03

スマホアプリの利用時間を半年前と比較【年代別】

「世界中で新型コロナウイルスの流行となっていますが、半年前の2019年10月頃と比較して、スマホアプリの利用時間はどう変化しましたか?」という質問に対して「劇的に増えた」「増えた」と回答した人を年代別で比較した結果がこちら。

スマホアプリ利用時間増減ランキング05

スマホアプリの利用時間を半年前と比較【職業別】

先程の内容を職業別で見た時の結果がこちら。

スマホアプリ利用時間増減ランキング03

利用時間が増えたアプリジャンルに不満な点で「強制終了を気にする」割合【職業別】

「世界中で新型コロナウイルスの流行となっていますが、半年前の2019年10月頃と比較して、ウイルスの影響で利用時間はどう変化しましたか?」という質問に対して「劇的に増えた」「増えた」と回答したアプリジャンルについて、不満な点や物足りない点を聞いたところ、「強制終了(クラッシュ)する」と答えたのは会社員(事務系)、学生が3割前後と多くなる結果となっています。

会社員の中でも事務系の人の割合が高いのはおもしろいですね。

スマホアプリ利用時間増減ランキング02

本調査の詳細をもっと知りたい方は、以下のプレスリリースでチェックしてみてください。

新型コロナウイルス影響によるアプリ利用増加1位は動画・音楽、減少1位はナビ、スマホアプリ利用時間増減ランキング
新型コロナウイルス影響によるアプリ利用増加1位は動画・音楽、減少1位はナビ、スマホアプリ利用時間増減ランキング|FROSK株式会社のプレスリリース

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
Androidニュース iphoneニュース ニュース
スマホアプリライフ!!をフォローする
スマホアプリライフ!!おすすめAndroid、iPhoneアプリ情報サイト
タイトルとURLをコピーしました