ios版『Evernote』がアップデートで、手書き入力に対応

シェアする

Evernote

本日11月5日に、ios版『Evernote』が最新のバージョン 7.9アップデートの提供を開始しました。

スポンサーリンク

iPhone・iPadで手書き入力が可能に

今回のアップデートにより、手書き入力に対応したことで、指で直接書いたり、Evernoteの「Jot Script スタイラスペン」や「Apple Pencil」を使ってすばやくメモなどを書くことが可能になりました。また、3D Touch機能に対応している「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」の場合、筆圧の強弱で線の太さも調整されるとのことです。

マルチタスク機能「Split View」に対応

手書き入力以外にも、画面を分割して使える「Split View」にも対応。対応機種は、「iPad Pro」「iPad Air 2」「iPad Mini 4」。

「Split View」は、iPadの画面上に2つのアプリを並べることができるマルチタスク機能。2つのアプリを並べて使えることで、コンテンツを素早くコピー&ペーストしたい時にアプリの移動をする必要がなくなり、より便利に使えるようになっています。

バージョン 7.9アップデートの詳細
iPad・iPhone で手書き入力に対応 – Evernote日本語版ブログ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

おすすめ記事