ライブ配信アプリ『LINE LIVE』がアップデート。データ通信量を節約しながらライブ番組の視聴できる「データ節約」機能などが追加

シェアする

LINEは、ライブ配信アプリ『LINE LIVE』に対して、データ通信量を節約しながらライブ番組の視聴が可能な「データ節約」機能の追加など、最新のアップデートの提供を開始しました。

スポンサーリンク

『LINE LIVE』がバージョン1.4.0にアップデート

今回のアップデートで、ライブ配信番組視聴時のデータ通信量を節約できる「データ節約」機能が追加されます。『LINE LIVE』を利用中、ライブ視聴中の動画プレイヤー設定から「データ節約」を有効にすると利用することができます。

「データ節約」を有効にすると、画像と音声のみが表示されるようになり、通常の動画視聴時に比べて90%以上のデータ量を節約することが可能になり、これにより、データ通信量の超過による通信制限が気になる方でも、気軽にライブ番組を視聴することが可能になるとのこと。

スマホアプリ『LINE LIVE』アップデート情報1

また、モバイルデータ通信時に常にデータ通信量を節約したい場合は、アプリの設定から「モバイルデータ通信時は常にデータ量を節約」を有効にしておくことで、モバイルデータ通信でのアプリ利用時に、自動的にデータ節約(ライブ配信中視聴時)または低画質(配信アーカイブ視聴時)での再生が可能になります。※Wi-Fi接続時には自動的に「データ節約」が任意設定になる。

さらに、コメントで「絵文字」が使えるようになり、視聴者が出演者に絵文字つきのコメントを送って番組を盛り上げることが可能になっているほか、アプリのプレイヤーで視聴をする前に、ホーム画面でどのような動画なのかをあらかじめ確認できる動画の自動再生にも対応しています。なお、「データ節約」が有効になっている場合は、ホーム画面での自動再生はオフになります。

スマホアプリ『LINE LIVE』アップデート情報2

©LINE Corporation

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

おすすめ記事