App Annie、2019年上半期国内アプリのダウンロード数と収益のTOP10ランキングを発表

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。

アプリ市場データを提供するApp Annieは、アップアニーのオリジナルデータを元に出した2019年上半期(2019年1月1日〜6月30日)の日本国内のアプリダウンロード数と収益のTOP10ランキングを発表しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2019年上半期】ゲームカテゴリーのアプリダウンロード数ランキングTOP10【App Annie調べ】

ゲームのアプリランキング

ゲームカテゴリーの無料アプリダウンロード数は、ゲームカテゴリーの無料アプリダウンロード数の1位はボールを操作しながら障害物を避けつつゴールを目指すアクションゲーム『Color Bump 3D』。2位にはキャラクターを操作しながら仲間を増やしていくアクションゲーム『Crowd City』がランクイン。

トップ10のうち、9つのアプリが海外企業!個人的には日本企業のアプリが大半を占めているのかと思っていましたこの結果は意外でした。日本のゲームは、5位にランクインした『ナゾトキの時間』のみ。

ダウンロードされている海外ゲームの特徴としては、「ハイパーカジュアルゲーム」と呼ばれる、シンプルで分かりやすいゲームとのこと。この傾向は日本だけではなく、他の海外市場も同じで、「ハイパーカジュアルゲーム」が上位にランクインしており、世界的にトレンドとなっているとのことです。

【2019年上半期】全カテゴリーの無料アプリダウンロード数ランキングTOP10【App Annie調べ】

全カテゴリーの無料アプリダウンロード数ランキング

全カテゴリーの無料アプリダウンロード数ランキングは、『セブン-イレブン』『LINE』『SmartNews』『Instagram』『Yahoo!JAPAN』『Twitter』など、日常生活でよく使われるであろうアプリが上位を占めています。

【2019年上半期】ゲームカテゴリーアプリ収益ランキングTOP10【App Annie調べ】

ゲーム収益額ランキング

ゲームカテゴリーの収益額ランキングは、『Fate/Grand Order』『モンスターストライク』『パズル&ドラゴンズ』といった人気ゲームアプリが上位にランクイン。旧来より人気のゲームアプリは非常に強いですね。

収益ランキングは、日本のアプリパブリッシャーが8割を占めている状況。海外ゲームアプリでは、5位に『荒野行動』、8位に『Pokemon GO』がランクインしています。今後、海外のアプリが収益ランキングにもっとランクインしてくる状況になっていくのか?注目したいところです。

【2019年上半期】非ゲームカテゴリー収益ランキングTOP10【App Annie調べ】

非ゲームカテゴリー収益ランキング

ゲームを除くカテゴリーにおいての収益ランキングは、1位が『LINEマンガ』、3位には『ピッコマ』がランキングするなど、漫画アプリが上位にランクイン。

8位『AbemaTV』、9位『17 Live』、10位『Showroom』には、動画アプリやライブアプリなどの動画系アプリがランクインしています。

プレスリリース:<App Annie調べ>2019年上半期 国内アプリTOP10ランキング発表 |App Annie Japan株式会社のプレスリリース

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
Androidニュース iphoneニュース ニュース
スマホアプリライフ!!をフォローする
スマホアプリライフ!!おすすめAndroid、iPhoneアプリ情報サイト
タイトルとURLをコピーしました