NTTドコモ、2月19日より青函トンネル内の旧竜飛海底駅(竜飛定点)および旧吉岡海底駅(吉岡定点)等において携帯電話サービスの提供を開始

シェアする

NTTドコモは、2016年2月19日(金曜日)より青函トンネル内での災害時における連絡手段の一つとして旧竜飛海底駅(竜飛定点)および旧吉岡海底駅(吉岡定点)等において、新たに携帯電話サービスの提供を開始することを発表しました。

発表によるとエリア化により、緊急時に車両が停車する吉岡と竜飛のホーム、避難所および避難用ケーブルカーの運行区画において携帯電話の通話とパケット通信(FOMA/LTE)が可能になります。なお、今回のエリア整備は車両の緊急停車時を対象としており、通常運行時を対象としたものではないとのことです。

サービスの詳細
地域からのお知らせ(北海道) : 青函トンネル 旧竜飛海底駅(竜飛定点)および旧吉岡海底駅(吉岡定点)における携帯電話サービスの提供開始について | お知らせ | NTTドコモ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

おすすめ記事