【2021年最新】スマホ料金プラン比較

AQUOS R6のスペック・特徴・発売日・価格まとめ【ドコモ・ソフトバンク2021夏モデル】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約4分で読めます。

AQUOS_R6

NTTドコモとソフトバンクの2021夏モデルとして登場するシャープのAndroidスマートフォン「AQUOS R6 SH-51B」「AQUOS R6」のスペック・特徴・発売日・価格情報をまとめています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

AQUOS R6のスペック

AQUOS R6のスペックは以下のとおりです。

ディスプレイ約6.6インチWUXGA+ Pro IGZO OLED
OSAndroid 11
CPUQualcomm Snapdragon  888 5G Mobile Platform

2.8GHz+1.8GHz オクタコア

カメラアウトカメラ:約2020万画素/ToFカメラ

インカメラ:約1260万画素

認証顔認証、指紋認証
防水・防塵IPX5・IPX8/IP6X
内蔵メモリ12GB RAM/128GB ROM
サイズ約高さ162×約幅74×約厚さ9.5mm
重さ約207g
通信5G対応
Wi-Fi
IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
バッテリー容量5,000mAh
おサイフケータイ/NFC
カラーブラック、ホワイト

AQUOS R6の特徴

ライカ監修の1インチセンサーカメラや1Hz-240Hz駆動など、AQUOS R6はハイスペックなスマホとなっており、シャープ公式ツイッターでは変態フラッグシップモデルと言われるぐらいの製品となっています。

1Hz-240Hzで駆動するOLEDディスプレイ「Pro IGZO OLED」搭載

約6.6インチOLEDディスプレイ「Pro IGZO OLED」は、コンテンツに応じて、駆動速度を自動で切り替えることで、高い省エネ性能と、滑らかで残像を抑えたクリアな表示を両立。明るさは最大2000nits。

ライカ監修の1インチセンサーカメラを搭載

ライカ監修のAQUOS R6のカメラは、スマートフォンとして最大級の1インチセンサーと、1インチセンサー専用の7枚構成Summicronレンズを搭載し、暗い場所でのノイズを抑えや広角から望遠までひずみを抑えた撮影が可能。

また写真だけではなく動画撮影にも強く、動画撮影中の傾きを認識して補正してくれる水平補正機能が搭載。4Kで撮影した動画を8K HDRにアップコンバートするシャープ独自の技術でパソコンに記録したりすることも可能。

5,000mAhの大容量バッテリーを搭載

AQUOS R6のバッテリーは大容量の5,000mAh。また、電池劣化や膨れを抑えてくれる「インテリジェントチャージ」機能を搭載しており、長い間快適にAQUOS R6を使えるようになっています。

CPUはQualcomm  Snapdragon  888 5G Mobile Platform

AQUOS R6のCPUは最新のQualcomm  Snapdragon  888 5G Mobile Platformを搭載。

12GBRAMやOLEDディスプレイ「Pro IGZO OLED」、5G通信など、非常にハイスペックなスマホとなっており、ゲームもしっかりと楽しめるようになっています。

画面内指紋認証を搭載

AQUOS R6は、顔認証だけではなく画面内の指紋認証に対応しています。

従来機種と比べて11倍広い指紋センサーと2倍の認証速度とのことで、指の位置を迷わず、素早く認証するとのこと。

AQUOS R6の発売日・予約開始日はいつ?

ドコモ・ソフトバンクともに発売日は、2021年6月25日となっています。

予約の開始日はドコモが2021年6月22日午前10時からドコモオンラインショップで事前購入受付を開始。

ソフトバンクは2021年6月18日から予約受付を開始とのことです。

AQUOS R6のオンラインショップ価格・値段

ドコモオンラインショップソフトバンクオンラインショップ
115,632円133,920円

 

タイトルとURLをコピーしました