【Safari】iPhoneのネット閲覧履歴の表示・削除方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。

この記事では、iPhoneのブラウザ「Safari」のネット閲覧履歴の表示・削除方法を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Safariでネット閲覧履歴を表示する方法

まず「Safari」をタップして起動します。

Safari起動

Safariが起動したら画面下部にある本のマークをタップ。

Safari閲覧履歴1

すると閲覧履歴が表示されます。もしされていない場合は時計マークをタップすれば表示されます。

閲覧履歴2

Safariのネット閲覧履歴を削除する方法

次は、Safariでネット閲覧履歴を削除する方法を2つ紹介します。

Safariで削除する方法

まずは、Safariで削除する方法を紹介します。

Safariの閲覧履歴が表示されている画面右下にある「消去」をタップ。

閲覧履歴削除方法1

すると消去対象を選択する画面が表示されます。

「直近1時間」「今日」「今日と昨日」「すべて」の中から自分が削除したい期間をタップすれば閲覧履歴を削除できます。

閲覧履歴削除2

閲覧履歴の削除は1つずつ行うこともできます。削除したい閲覧履歴を左にスライドさせると「削除」ボタンが表示されるので、それをタップするとその履歴だけを削除できます。

閲覧履歴個別削除

「設定」から削除する方法

次に「設定」から削除する方法を紹介します。

まず「設定」をタップ。

設定アプリ枠囲み

 

「設定」の中にある「Safari」をタップ。

設定から閲覧履歴削除

「Safari」の中にある「履歴とWebサイトデータを消去」をタップ。

設定から閲覧履歴削除2

すると下の画像のような案内が表示されるので、「履歴とデータを消去」をタップすれば閲覧履歴を削除できます。

この方法の場合、Safariのすべての閲覧履歴が削除されます。Safariでの削除のように期間を指定したりして削除することができないので注意が必要です。

設定から閲覧履歴削除3

 

閲覧履歴を残さずにネットを楽しむこともできる

そもそも削除するような閲覧履歴は残さければいい!

というわけで、補足として、閲覧履歴を残さずにネットを楽しむ方法も紹介したいと思います。

プライベートブラウズモードを使う

Safariに閲覧履歴が保存されないようにするには「プライベートブラウズモード」を使います。

まずSafariを起動します。起動したら画面右下にあるタブマークをタップ。

プライベートブラウジング1

すると下の画像のような画面が表示されます。その画面左下の「プライベート」をタップ。

プライベートブラウジング2

そうするとプライベートブラウズモードに切り替わります。あとは完了をタップすればOKです。

プライベートブラウズモードをやめたい場合は、画面左下の「プライベート」をもう一度タップすればOKです。

プライベートブラウジング3

プライベートブラウズモードになると画面上下にある枠のところが黒色になります。この状態でネットを閲覧すればSafariの閲覧履歴には残りません。

プライベートブラウジング4

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
iPhoneの使い方・設定 スマホの使い方
スマホアプリライフ!!をフォローする
スマホアプリライフ!!おすすめAndroid、iPhoneアプリ情報サイト
タイトルとURLをコピーしました