LINE LIVE、スマホの画面をそのまま配信出来る「スクリーン配信」機能追加。ゲーム実況などをスマホ1台で簡単に配信可能

スポンサーリンク

ライブ配信「スクリーン配信」機能

LINEは、ライブ配信サービス「LINE LIVE」において、スマートフォンの画面をそのまま配信出来る「スクリーン配信」機能を新たに実装したことを発表しました。現状はiOSのみ実装されており、Androidは今後実装予定とのことです。

スポンサーリンク

スマホの画面をそのまま配信出来る「スクリーン配信」機能について

今回新たに実装された「スクリーン配信」機能は、スマートフォンやタブレットの画面をそのまま配信出来る機能です。「スクリーン配信」機能を利用することで、スマホゲームやお絵描きアプリの実況などを簡単にライブ配信することができます。

また、LINE LIVEアプリを立ち上げることなく、ゲーム画面の状態から配信を開始することができたり、配信中の通知が映りこまないように通知部分をぼかしたりすることが可能(通信環境やスマートフォンの状況によってぼかせない場合がある)となっており、ユーザーが快適かつ安全にライブ配信を楽しむことができるようになっています。

「スクリーン配信」機能の使い方

  1. iOSの設定からコントロールセンターに「画面収録」を追加
  2. コントロールパネルで「画面収録」を長押し
  3. 「LINE LIVE」を選択して、ブロードキャストを開始

ライブ配信「スクリーン配信」機能2

コントロールセンターに「画面収録」の追加は、「設定」→「コントロールセンター」→「コントロールをカスタマイズ」からできます。

LINE LIVE(ラインライブ)| 国内最大級のライブ配信サービス

© LINE Corporation

タイトルとURLをコピーしました