【2022年最新】スマホ料金プラン比較

【iPhone14 ProとiPhone13 Proゴールド比較レビュー】実際に使ってみた感想と買うならどっちがおすすめなのかについて

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約7分で読めます。

2022年発売のAppleの最新スマートフォン「iPhone14 Pro」のゴールドを購入したので、「iPhone13 Pro」のゴールドと比較レビューします。

iPhone14 ProとiPhone13 Proとの違いが気になる人や、どっちを買うか悩んでいる人は参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

iPhone14 ProとiPhone13 Pro比較レビュー

iPhone14 ProとiPhone13 Pro比較レビュー

iPhone14 ProとiPhone13 Proを実際に使ってみて感じたことを、良いところも悪いところも含めて本音で比較レビューします。

iPhone14 ProとiPhone13 Proのスペック比較表

iPhone14 ProiPhone13 Pro
ディスプレイ約6.1インチ
Dynamic Island
常時表示ディスプレイ
約6.1インチ

リフレッシュレート最大120 Hz最大120 Hz
OSiOSiOS
CPUA16 BionicチップA15 Bionicチップ
カメラProのカメラシステム(48MPメイン、12MP超広角、12MP望遠)

12MPのインカメラ


Pro 12MPカメラシステム(メイン、超広角、望遠)

12MPのインカメラ

認証顔認証顔認証
防水・防塵IP68IP68
ストレージ128GB、256GB、512GB、1TB128GB、256GB、512GB、1TB
サイズ高さ147.5mm×幅71.5mm×厚さ7.85mm高さ146.7mm×幅71.5mm×厚さ7.65mm
重さ約206g203g
通信5G対応5G対応
バッテリービデオ再生:
最大23時間
ビデオ再生(ストリーミング):
最大20時間
オーディオ再生:
最大75時間
ビデオ再生:
最大22時間
ビデオ再生(ストリーミング):
最大20時間
オーディオ再生:
最大75時間
おサイフケータイ/NFC
カラーディープパープル、ゴールド、シルバー、スペースブラックアルパイングリーン、グラファイト、ゴールド、シルバー、シエラブルー

デザイン

デザインはiPhone14 ProとiPhone13 Proでノッチ部分以外は変化なしです。カメラの出っ張りはiPhone14 Proのほうが大きくなっている感じ。

サイドのステンレススチール部分は、相変わらずものすごく綺麗で高級感があって最高です。

このステンレススチールのゴールドがたまらなく好きなんですよね。

iPhone14 ProとiPhone13 Pro比較画像1

端子はiPhone14 ProになってもLightningのまま。ここは不満なところ。

iPhone13 ProからほとんどMagSafeで充電しているので、昔ほど気にならないものの、周りの製品がUSB-Cだらけなので、できれば早めにUSB-Cになってくれるとうれしいなと思います。

iPhone14 ProとiPhone13 Pro比較画像2

持ち運びやすさ

iPhone14 Proは高さと厚さが若干大きく、重量も3g重くなってはいるものの、持った感じはほぼ同じで、持ち運びやすさは変化なしです。

200gオーバーの重さが気になる人もいると思うんですけど、これは使っていたら慣れます。

私もiPhone12からiPhone13 Proに乗り換えたときに、最初「結構重いな・・・」と感じましたが、今では気にならなくなりました。

画面の見やすさ

部屋で使うぶんにはそこまで大きな違いは感じません。

屋外ではピーク輝度が2,000ニトにアップしていることもあって、屋外の太陽が当たる場所ではちょっと見やすくなっていました。地味にうれしい進化ポイントです。

iPhone14 ProとiPhone13 Pro比較画像3

レスポンス

iPhone14ProAnTuTuベンチマーク

AnTuTuベンチマークをやってみたところiPhone14 Proが849,086点、iPhone13 Proが754,135点でした。

約10万点の差ということで数値的には思ったりよりも差があるなという印象。

AnTuTuベンチマークの数字はiPhone14 Proのほうが高いですが、普通に使う分にはレスポンスにそこまで大きな変化は感じません。

操作性

iPhone14 Proはノッチ部分がパンチホールのDynamic Island(ダイナミックアイランド)になっていて、様々な情報が確認しやすいです。

常時表示ディスプレイも時間や通知が確認しやすくて便利です。

地味ではあるものの、この2つの機能があることで、iPhone14 Proのほうがより使いやすいと感じました。

認証の快適さ

iPhone14 Proになっても顔認証のみなので、認証の快適さはそのままで特に変化なしです。

ただ、できれば顔認証と指紋認証、両方使えようにしてほしいというのが本音です。

バッテリー性能

ゲームやYouTube、ネットサーフィン、AnTuTu Benchmarkの計測、漫画を読むなど、普段よりもガッツリとiPhone14 Proを使ったときで、バッテリー残量13%(21時時点)。

普段どおりの使い方で、バッテリー残量42%(21時時点)。

参考までにガッツリと使用した日のAppのアクティビティ上位をいくつか記載しておくと

  • ゲーム:1時間23分
  • YouTube:1時間40分
  • Chrome:42分
  • AnTuTu Benchmark:14分
  • ホームおよびロック画面:47分
  • Tweetbot:34分

こんな感じでした。ちなみに常時表示はオンにした状態です。

バッテリー性能に関しては、iPhone13 Proとそこまで大きな変化は感じませんでした。

カメラ性能

撮影した写真を拡大すればiPhone14 Proのほうが綺麗に写っていると感じますが(4800万画素での撮影した写真は拡大したときかなり綺麗)、拡大することなくそのまま見るぶんには、iPhone13 Proとの違いはあまり感じませんでした。

よっぽどカメラにこだわりがあるという人でなければ、基本どちらでも綺麗な写真を撮影できるので、困ることはないと思います。

iPhone14 Proのカメラで撮影
iPhone14 Proのカメラで撮影(1200万画素)
iPhone13 Proのカメラで撮影
iPhone13 Proのカメラで撮影(1200万画素)
iPhone14 Proで撮影した写真1
iPhone14 Proのカメラで撮影(1200万画素)
iPhone13 Proで撮影した写真1
iPhone13 Proのカメラで撮影(1200万画素)

iPhone14 ProとiPhone13 Pro買うならどっちがおすすめ?

個人的にはiPhone14 Proがおすすめだと思います。

iPhone14 ProのDynamic Islandと常時表示ディスプレイは地味だけど便利

iPhone14 Proは、A16 Bionicチップ、Dynamic Island(ダイナミックアイランド)、常時表示ディスプレイ、メインカメラ48MP、アクションモードなど、iPhone13 Proから着実な進化を遂げています。

Dynamic Island(ダイナミックアイランド)と常時表示ディスプレイといった、iPhone14 Proならではの機能は、地味ながらもiPhoneの使い勝手を向上させてくれる機能で、「iPhone13 Proよりもさらに使いやすくなっているな」と感じました。

なので、どうせ買うんだったら、少し高くてもiPhone14 Proがおすすめです。

USB-Cではないところは不満に感じるものの、iPhone14 Proは非常に完成度が高いスマホになっていると思います。

iPhone14 Proの評価
  • デザイン:4.5
  • 持ち運びやすさ:4.5
  • レスポンス:5.0
  • 操作性:5.0
  • バッテリー:4.0
  • カメラ:5.0
  • 満足度:4.8
iPhone13 Proの評価
  • デザイン:4.5
  • 持ち運びやすさ:4.5
  • レスポンス:5.0
  • 操作性:4.5
  • バッテリー:4.0
  • カメラ:4.5
  • 満足度:4.5
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
レポート・レビュー・口コミ・評判
スマホアプリライフ!!をフォローする
スマホアプリライフ!!おすすめAndroid、iPhoneアプリ情報サイト
タイトルとURLをコピーしました