フリーWiFi自動接続アプリ『タウンWiFi』のAndroidアプリ版に「WiFiマップ機能」と「WiFiまでのルート案内機能」が追加

スポンサーリンク

タウンWiFiは、世界34か国のWiFiスポットに自動でログイン可能なフリーWiFi自動接続アプリ『タウンWiFi』のAndroid版アプリに「WiFiマップ機能」と「WiFiまでのルート案内機能」を追加したことを発表しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フリーWiFi自動接続アプリ『タウンWiFi』とは?

WiFi自動接続アプリ タウンWiFi

『タウンWiFi』は、2016年5月にリリースされたフリーWiFi自動接続アプリです。

『タウンWiFi』を利用することで、街中の無料Wi-Fiに自動で接続することができます。

2018年8月現在、350万以上の会員を保有しています。

対応言語は、日本語、英語、韓国語、中国語です。

タウンWiFiに「WiFiマップ機能」を搭載3

Google PlayでダウンロードApp Storeでダウンロード

Androidアプリ版に「WiFiマップ機能」追加

「WiFiマップ機能」は、『タウンWiFi』のアプリ上から、WiFiのあるスポットを確認することのできる機能です。iOSアプリ版にはすでに搭載されている機能です。

今回Androidアプリ版でも利用できるようになったことで、Androidユーザーも『タウンWiFi』のアプリ上でWiFiスポットを探しやすくなります。

タウンWiFiに「WiFiマップ機能」を搭載0

Androidアプリ版は「WiFiまでのルート案内機能」も追加

Androidアプリ版では、近くにあるWiFiを到着時間とともにリスト表示する「WiFiまでのルート案内機能」も追加されました。

WiFiリストから近くにあるWiFiを選択してタップすると、Googleマップが起動し、現在地からのルート案内が自動で表示されます。

ルート案内機能は、現在iOSアプリ版では未搭載の機能です。iOSアプリ版も順次開発を予定しているとのことです。

タウンWiFiに「WiFiマップ機能」を搭載1

タウンWiFiに「WiFiマップ機能」を搭載2

Google PlayでダウンロードApp Storeでダウンロード

© TownWiFi