家電管理アプリ『家電手帳』に家電を撮影するだけで簡単に登録できる「家電登録サポート機能」と「取扱説明書/リコール情報表示機能」追加

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

家電を管理するアプリ「家電手帳」

インテックは、家電管理アプリ『家電手帳』において、家電を撮影するだけで簡単に登録できる家電登録サポート機能と取扱説明書や問い合わせ先、官公庁が提供するリコール情報を表示(インターネット上で入手可能な情報のうちの一部が対象)する機能を追加したことを発表しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

家電管理アプリ『家電手帳』に追加された家電登録サポート機能と取扱説明書/リコール情報表示機能について

“撮るだけ登録”を実現した家電登録サポート機能

家電登録サポート機能によって、従来のWi-Fiによる自動検出に加えて、家電のメーカー名や型番が含まれる部分(ラベル、外箱、保証書、レシート、取扱説明書の表紙等)を撮影するだけで、簡単に家電を登録できるようになっています。また、メーカー各社が提供しているQRコードからでも登録できます。

家電を管理するアプリ「家電手帳」の使い方

取扱説明書、問い合わせ先を表示

取扱説明書、問い合わせ先を表示では、家電情報検索エンジン(インテックが開発した、メーカー名や型番を元に取扱説明書、リコール情報、サポート窓口などの家電情報を検索する機能)により、メーカー公式の取扱説明書と問い合わせ先のリンクが表示されるため、直接アクセスすることができます。未対応の機器は順次対応予定とのこと。

リコール情報(回収・無償修理等情報)を自動表示

対象機器が登録されている場合、官公庁が公開しているリコール情報(回収・無償修理等情報)が自動的に表示され、リコール情報の見落しを防ぐことができます。

『家電手帳』アプリ情報

家電手帳 - 家電をまとめて安全に管理

タイトル:家電手帳
ジャンル:ユーティリティ
対応OS:iOS/Android OS対応版は、2019年内リリース予定
価格:無料

App Storeでダウンロード

タイトルとURLをコピーしました