【iOS14】iPhoneのデフォルトアプリを変更する方法【メールアプリ・ブラウザアプリ】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

デフォルトアプリを変更

2020年9月17日から配信されているiOS14ですが、デフォルトアプリを変更することができるようになっています。

本記事では、メールアプリ・ブラウザアプリのデフォルトアプリを変更する方法を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

iPhoneのデフォルトアプリを変更する方法

メールアプリ・ブラウザアプリのデフォルト設定を変更する方法をそれぞれ解説していきます。

表示されるアプリはiPhoneにインストールしているアプリが表示されるので、記事内の画像とは表示されているアプリが異なることがあります

メールアプリのデフォルト設定を変更する方法

設定をタップ。

設定アプリ

「Spark」をタップ。

デフォルトのメールアプリを変更する方法1

「デフォルトのメールApp」をタップし、「Spark」を選択すればOKです。

デフォルトのメールアプリを変更する方法2

ブラウザアプリのデフォルト設定を変更する方法

設定をタップ。

設定アプリ

「Chrome」をタップ。

デフォルトのブラウザアプリをChromeに変更する方法

「デフォルトのブラウザApp」をタップし、ChromeもしくはEdgeを選択すればOKです。画像では「Chrome」を選択しています。

デフォルトのブラウザアプリをChromeに変更する方法2

デフォルトアプリを変更するとどうなるの?

ブラウザアプリで説明します。

これまでブラウザアプリはSafariがデフォルトアプリになっていたので、WEBページのリンクをタップしたときはSafariが起動していました。

デフォルトアプリを変更することで、ChromeやEdgeなど、デフォルト設定が可能な別のブラウザアプリで起動することが可能になります。

普段Chromeをメインに使っているのに、たまにSafariで起動するのが嫌だったという方は、デフォルトアプリの設定を変更すると快適に使えるようになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
iPhoneの使い方・設定 スマホの使い方
スマホアプリライフ!!をフォローする
スマホアプリライフ!!おすすめAndroid、iPhoneアプリ情報サイト
タイトルとURLをコピーしました