【2022年最新】スマホ料金プラン比較

AQUOS R7とAQUOS R6どっちがいい?違いを比較

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約5分で読めます。
AQUOS R7

シャープのAndroidスマートフォン「AQUOS R7」と「AQUOS R6」の違いを比較します。

  • 「AQUOS R7」と「AQUOS R6」の違いを知りたい
  • 「AQUOS R7」と「AQUOS R6」どっちがおすすめなのか知りたい

という人は、参考にしてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

AQUOS R7とAQUOS R6の違いを比較

AQUOS R7とAQUOS R6の違いを比較

AQUOS R7とAQUOS R6のスペックの違いを比較していきます。

スペック比較

AQUOS R7AQUOS R6
サイズ(幅/高さ/厚さ)約77 × 161 × 9.3mm約74 × 162 × 9.5mm
重さ約208g約207g
ディスプレイ約6.6インチWUXGA+(1,260 × 2,730ドット)Pro IGZO OLED約6.6インチWUXGA+(1,260×2,730ドット)Pro IGZO OLED
CPUSnapdragon 8 Gen 1 Mobile Platform
2.9GHz+1.7GHz オクタコア2.2GHz+
Snapdragon 690 5G mobile platform 2.0GHz+1.7GHz オクタコア
OSAndroid 12Android 12
内蔵メモリ(RAM / ROM)12GB (RAM) / 256GB (ROM)12GB (RAM) / 128GB (ROM)
カメラ(外側)約4,720万 CMOS約2,020万画素CMOS
カメラ(内側)約1,260万画素 CMOS約1,260万画素 CMOS
バッテリー容量5,000mAh5,000mAh
ワイヤレス充電×
おサイフケータイ / NFC
防滴 / 防塵IPX5・IPX8/IP6XIPX5・IPX8/IP6X
認証顔認証、指紋認証顔認証、指紋認証
Wi-Fi規格IEEE802.11a/b/g/n/ac/axIEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
SIMnano SIM/eSIMnano SIM
通信4Gおよび5G4Gおよび5G
カラーブラック、シルバーブラック、シルバー
価格198,000円(ドコモ)115,632円(ドコモ)

サイズや重さ

AQUOS R7
  • サイズ(幅/高さ/厚さ):約77 × 161 × 9.3mm
  • 重さ:約208g
  • ディスプレイ:約6.6インチ
AQUOS R6
  • サイズ(幅/高さ/厚さ):約74 × 162 × 9.5mm
  • 重さ:約207g
  • ディスプレイ:約6.6インチ

AQUOS R7は幅が3mm大きくなり、高さと厚さは小さくなっています。

重さはAQUOS R7が1g重くなっていますが、ほぼ変化なしといった感じです。

ディスプレイは同じ約6.6インチです。ただ、AQUOS R6はエッジディスプレイが採用されていましたが、AQUOS R7はフラットディスプレイに変更されています。

AQUOS R7はCPUがパワーアップ、内蔵メモリ(RAM)は256GBに

AQUOS R7
  • CPU:Snapdragon 8 Gen 1 Mobile Platform
  • 内蔵メモリ(RAM / ROM):12GB (RAM) / 256GB (ROM)
AQUOS R6
  • CPU:Snapdragon 690 5G mobile platform
  • 内蔵メモリ(RAM / ROM):12GB (RAM) / 128GB (ROM)

AQUOS R7はCPUがSnapdragon 8 Gen 1 Mobile Platformになっています。

Snapdragon 8 Gen 1 Mobile Platformは、サムスンのGalaxy S22シリーズなどにも搭載されている高い処理性能を持つ最新のCPUです。

内蔵メモリ(RAM)は12GBでそのままですが、内蔵メモリ(ROM)は256GBに増えています。

5G通信もしっかりと進化しており、異なる周波数帯であるSub6とミリ波を束ねて高速通信できるDual Connectivityに対応し、AQUOS史上最高速となる下り4.9Gbps/上り1.1Gbpsを実現しているとのこと。

バッテリー容量は同じ

AQUOS R7
  • バッテリー容量:5,000mAh
AQUOS R6
  • バッテリー容量:5,000mAh

AQUOS R7とAQUOS R6のバッテリー容量は5,000mAhで同じです。

カメラ性能は着実進化

AQUOS R7
  • アウトカメラ:約4,720万 CMOS
  • インカメラ:約1,260万画素 CMOS
AQUOS R6
  • アウトカメラ:約2,020万画素 CMOS
  • インカメラ:約1,260万画素 CMOS

AQUOS R7でカメラはしっかりと強化されています。

アウトカメラが約2,020万画素から約4,720万にパワーアップ。

集光量は集光量1.8倍向上、動いている人にも正確に素早くピントがあうOctaPDオートフォーカスが採用され、ピント合わせの時間が従来方式より約2倍速くなっています。

AQUOS R7とAQUOS R6どっちがおすすめ?

AQUOS R7がおすすめです。

AQUOS R7は、CPUやカメラ性能の強化、Dual Connectivity対応、eSIM対応、ワイヤレス充電対応など、AQUOS R6から着実な進化を遂げています。

個人的にはフラットディスプレイになったのも良いところだと思います。

AQUOS R7の価格は198,000円(ドコモ)とかなり高くなっていますが、AQUOS R6からしっかりと進化していることを考えると、今購入するのでればAQUOS R7がおすすめです。

オンラインショップでの購入はこちら
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
レポート・レビュー・口コミ・評判
スマホアプリライフ!!をフォローする
スマホアプリライフ!!おすすめAndroid、iPhoneアプリ情報サイト
タイトルとURLをコピーしました