東急電鉄とナビタイムジャパン、『東急線アプリ』『NAVITIME』『乗換NAVITIME』で東急田園都市線の車両ごとの混み具合を表示する機能の提供開始

シェアする

東急電鉄とナビタイムジャパンは、東急電鉄が提供しているスマホアプリ『東急線アプリ』とナビタイムジャパンが提供するスマホアプリ『NAVITIME』『乗換NAVITIME』で、「車両別混雑度表示」機能の提供を開始することを発表しました。

「車両別混雑度表示」機能の提供開始日は、『東急線アプリ』が2017年7月末予定、『NAVITIME』『乗換NAVITIME』は2017年6月27日(火)。

「車両別混雑度表示」機能について

「車両別混雑度表示」機能は、列車の車両ごとに、混雑度を6段階に分けて表示する機能。「車両別混雑度表示」機能の対象路線は、平日の東急田園都市線の全列車となっています。

「車両別混雑度表示」機能によって、空いている車両が確認できるようになるので、利用者自身で空いている車両を選択し、快適かつスムーズに乗車できるようになります。

「車両別混雑度表示」機能の提供を開始1

『東急線アプリ』では、トップページの「マイ乗降駅」に表示されている次の電車の到着時刻をタップすることで、到着する電車の車両別混雑度が表示されます。

『NAVITIME』『乗換NAVITIME』では、各列車の「停車駅リスト」の「車両情報」画面に表示されます。

東急線アプリ

東急線アプリ

Google PlayでダウンロードApp Storeでダウンロード

NAVITIME

NAVITIME(ナビタイム)- 地図と乗り換え案内で経路をナビ

Google PlayでダウンロードApp Storeでダウンロード

乗換NAVITIME

乗換NAVITIME(乗換ナビタイム)

Google PlayでダウンロードApp Storeでダウンロード

プレスリリース
『東急線アプリ』『NAVITIME』『乗換NAVITIME』で「車両別混雑度表示」機能の提供を開始|東急電鉄のプレスリリース