【レビュー】Kindle版『マンガでわかる最強の株入門』を購入!!とても読みやすくい株初心者が知りたい情報を学べる入門書だと思った

シェアする

マンガでわかる最強の株入門

先日、Kindle版『マンガでわかる最強の株入門』を購入して読み終わりました。わかりやすくてとてもいい本だと思ったので、今回の記事では『マンガでわかる最強の株入門』を読んだ感想を書いていきたいと思います。

『マンガでわかる最強の株入門』について

『マンガでわかる最強の株入門』には、株ってどんなもの?みたいなことだったり、口座の開き方、「値上がり益」「配当」「株主優待」といった株の儲け方、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析などに至るまで、株初心者が知っておきたい情報が集約された本になっています。

マンガストーリーは、TV番組をきっかけに株取引をゼロから始めた超初心者の主人公「倉森琴音」が、SNSを通して知り合った仲間たちに株に関する知識を学びならがら“億り人=株取引で億稼ぐトレーダー”を目指していくという感じになっています。

では次に『マンガでわかる最強の株入門』の良かったところなどを書いていきます。

マンガなので気楽に読めるのがいい!!

この本の良いところは、やはりマンガで書かれているということです。とにかく読みやすいです。

『マンガでわかる最強の株入門』についてでも書きましたが、株ってどんなもの?みたいな初歩的には疑問点や口座の開設についてなどの株を始める前に知っておきたい知識や必要な準備についてや「値上がり益」「配当」「株主優待」といった株の儲け方、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析などの実際に取引する際に役立つ知識まで、株に関する様々な情報をマンガで気楽に読めるというのはとてもよかったです。

他にも、ちょっと意味がわかりにくそうな用語には解説がついていたり、画像やイラストを豊富に使って説明が書かれていたりと株初心者にとってもやさしい内容になっているなと感じました。

全部マンガだけかと思ったら・・・

ただ、読んでいてちょっと意外なことがありまして・・・

それは『マンガでわかる最強の株入門』は、すべての内容がマンガで書かれているわけではないということです。読む前は『マンガでわかる最強の株入門』という本のタイトルだったので、すべてがマンガで書かれていると思っていたのですが、読んでみるとそうではありませんでした。

『マンガでわかる最強の株入門』は、テーマごとに話が分かれているんですけど、最初にマンガの部分があって、その内容を文章や画像やイラストでより詳しく紹介する(マンガ→詳細説明→マンガ→詳細説明)といった感じになっています。

詳細説明の部分は、文章だけでなく画像やイラストを使用してわかりやすくなっているので、かなり読みやすかったです。詳細説明は、マンガの内容をより深く知るためには欠かせない内容なので、しっかりと読んだほうが良いと思います。

株初心者には超おすすめの本だと思う

とまあ、『マンガでわかる最強の株入門』を読んだ感想はこんな感じです。

昔、一度別の株入門的な本を読んだことがあるんですけど、それと比べても『マンガでわかる最強の株入門』は、マンガで書かれている分かなり読みやすかったですし、内容も頭に入ってきやすかった感じがします。

株に興味を持ち始めた人や株初心者の人は、株の入門書として『マンガでわかる最強の株入門』をチェックしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

この記事をお届けしたスマホアプリライフ!!の最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
おすすめ記事