アニメ聖地巡礼アプリ『舞台めぐり』に「有頂天家族」の舞台が追加

シェアする

Android・iPhoneアプリ『舞台めぐり』

アニメやゲームの舞台となった場所を楽しく巡るための機能を備えたスマホアプリ『舞台めぐり』に、TVアニメ「有頂天家族」の舞台である京都府京都市が追加されたことが発表されました。

スポンサーリンク

TVアニメ「有頂天家族」とは?

原作・森見登美彦(「有頂天家族」幻冬舎刊)、アニメーション制作・P.A.WORKS、キャラクター原案・久米田康治によるTVアニメーション。第17回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞受賞。
下鴨神社・糺(ただす)の森に暮らす狸の下鴨家。狸界の頭領だった父は狸鍋となってこの世を去ったが、残された四兄弟の三男・下鴨矢三郎は「面白きことは良きことなり」を信条に、天狗や人間を相手に暮らしている。しかし父の死の真相が明らかになるなか、下鴨家に絶体絶命の危機が迫る、、、京都を舞台に狸と天狗と人間が三つ巴で繰り広げる、波乱万丈・感涙必至の物語。

舞台めぐり(有頂天家族編)について

今回追加された舞台めぐり(有頂天家族編)では、作品の舞台となった場所までのルート確認やARキャラクターと一緒に写真を撮ることが可能。また、現地でのチェックイン特典として「下鴨矢三郎(CV:櫻井孝宏さん)」のオリジナルボイスが収録されています。

「有頂天家族」アプリ画面まとめ

スマホアプリ「舞台めぐり」ARキャラ写真画面

スマホアプリ「舞台めぐり」ARキャラ写真画面2

そして、舞台めぐり(有頂天家族編)のリリース記念として、9月19日(土)から京都国際マンガ・アニメフェア公認ショップ「京とあまのね」で、舞台めぐりアプリ画面を提示した方に「有頂天家族×舞台めぐり」特製ポストカードのプレゼント(先着1,000名)が行われるとのことです。
「有頂天家族×舞台めぐり」特製ポストカード画像

©森見登美彦・幻冬舎/「有頂天家族」製作委員会

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

おすすめ記事