おすすめ動画配信サービス(VOD)ランキング

ソフトバンクの新料金プラン「SoftBank on LINE」とは?メリット・デメリットを解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約5分で読めます。

SoftBank on LINE

2020年12月22日にソフトバンクが発表した新料金プラン「SoftBank on LINE」。

NTTドコモの新料金プランahamo(アハモ)対抗プランとして、注目を集めています。

本記事では、そんな今注目の「SoftBank on LINE」とはどんなプランなのか?ということやメリット・デメリットをわかりやすく解説します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ソフトバンクの新料金プランSoftBank on LINEとは?いつから始まるの?

SoftBank on LINEとは?

SoftBank on LINEは、ソフトバンクがLINEモバイルを100%子会社化および吸収合併して、新たに立ち上げるオンライン専用の新ブランドです。

ソフトバンクの自社ブランドとして、ソフトバンク・ワイモバイルと同じネットワーク、同じ品質で各種サービスを利用できます。

SoftBank on LINEの月額料金やプラン内容は?

料金は月額3,278円(税込)。月間データ容量20GBとコミュニケーションアプリ「LINE」がデータ容量を消費せずに使い放題となる「LINEがギガノーカウント」が付いています。「LINEがギガノーカウント」の対象はLINEトーク/LINE通話などを予定しているとのこと。

月間データ容量20GB超過後の通信速度は最大1Mbps。

通話に関しては、5分をこえる国内通話は20円/30秒。月額1,100円(税込)でかけ放題オプションを契約することも可能です。

eSIMにも対応予定です。

SoftBank on LINEはいつから始まる?

提供開始は2021年3月。

ソフトバンクの新料金プランSoftBank on LINEのメリット

SoftBank on LINEのメリット

  • 条件なしで月間データ容量20GB+LINEがギガノーカウント+5分以内の国内通話無料で月額3,278円。5Gにも対応
  • eSIM対応
  • LINEで手続き可能
  • ブランド間移行手続きにかかる手数料無料

メリット①:条件なしで月間データ容量20GB+LINEがギガノーカウント+5分以内の国内通話無料で月額3,278円。5Gにも対応

SoftBank on LINEは月間データ容量20GBにコミュニケーションアプリ「LINE」がデータ容量を消費せずに使い放題となる「LINEがギガノーカウント」、1回あたり5分以内の国内通話無料がついて月額3,278円。

ソフトバンクと同じネットワーク、同じ品質で各種サービスを利用可能で、4Gだけでなく5Gにも対応しています。

メリット②:eSIM対応

SoftBank on LINEはeSIM対応予定であることが発表されています。eSIMだとこれまでのようにSIMカードを差し替えたりする必要もなくなるので、eSIM対応スマホを利用することで乗り換えがより便利になります。

メリット③:LINEで手続き可能

手続きはすべてオンラインでする必要がありますが、SoftBank on LINEはLINEでも手続き可能です。利用者が非常に多いLINEで気軽に手続きができるのは大きなメリットだと思います。

メリット④:ブランド間移行手続きの手数料無料

ソフトバンクからSoftBank on LINEやワイモバイルからSoftBank on LINEといったブランド間移行手続きの手数料(契約解除料、番号移行手数料、契約事務手数料)がすべて無料となっっています。これまで必要だった事務手数料が無料になって、少しでも安く契約できるのはメリットです。

ソフトバンクの新料金プランSoftBank on LINEのデメリット

SoftBank on LINEのデメリット

  • キャリアメールが使えない
  • 手続きはすべてオンライン
  • 家族割り等の割引がない

デメリット①:キャリアメールが使えない

SoftBank on LINEは、キャリアメールを提供していないため、SoftBankメール(@softbank.ne.jp)が使えません。

SoftBankメールを使っている方は、Gmailやヤフーメールなど他のサービスで代用する必要があります。

デメリット②:手続きはすべてオンライン

SoftBank on LINEの手続きはWEBサイトやLINEで行う必要があります。

デメリット③:家族割り等の割引がない

SoftBank on LINEはそのままの料金でかなり安いため、従来のプランにあったような光回線のセット割りや家族割などの割引はありません。

SoftBank on LINEはデメリットほぼなし

SoftBank on LINE

SoftBank on LINEのデメリットとして上げた

  • キャリアメールが使えない
  • 手続きはすべてオンライン
  • 家族割り等の割引がない

これはぶっちゃけ、デメリットとしてはめちゃくちゃ弱いです。

キャリアメールは、Gmailやヤフーメールで代用できます。

手続きはすべてオンラインというのはむしろ喜ばしいことです。店舗で長時間待たされたりすることなく、スマホやパソコンを使って自分が好きな時間・タイミングで手続きできることを考えればデメリットになりません。

家族割り等の割引がないということに関しては、SoftBank on LINEはそのままの料金でかなり安いため、これもデメリットとしては弱いです。

SoftBank on LINEは記事更新時点では、NTTドコモの新料金プラン「ahamo(アハモ)」と同様、欠点がかなり少ない最強クラスの料金プランだと、個人的には思います。

SoftBank on LINEのデータ容量20GBでは足りない、データ容量20GBも必要ない人はどうすればいいか?

SoftBank on LINEにはデータ容量20GBのプラン1つしかありません。なので、「データ容量20GBもいらない」とか「データ容量20GBじゃ足りない」という人には使いにくい料金プランと感じるかもしれません。

データ容量20GBもいらない人は格安SIMという選択肢も

「データ容量20GBもいらない」という方は格安SIMが選択肢もありです。3GBなど少ないデータ容量から選べます。

ただSoftBank on LINEのコスパが良すぎるので、3GBより上のプランは価格的に選びにくい状態になりました。

おすすめの格安SIMは下記の記事を参考にしてください。

【iPhone12でも使える】通信速度が速くて快適なおすすめ格安SIMランキングTOP3
速度が速くて快適だと思う、おすすめ格安SIMランキングTOP3を書いています。スマホの料金が高いから格安SIMに乗り換えて安くしたい、通信速度が速いおすすめの格安SIM知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

データ容量20GBじゃ足りない人はメリハリ無制限がおすすめ

「データ容量20GBじゃ足りない」という方は、2021年3月から提供開始予定のデータ容量無制限プラン「メリハリ無制限」がおすすめです。

ahamo、povo、SoftBank on LINEどれがおすすめ?料金・特徴を比較まとめ
2020年末から2021年にかけてNTTドコモのahamo、auのpovo、ソフトバンクのSoftBank on LINEが発表されました。 本記事では、非常に注目度が高いこの3つの新料金プランの料金・特徴を比較していきます。...
タイトルとURLをコピーしました