おすすめ動画配信サービス(VOD)ランキング

ソフトバンクの新料金プラン「LINEMO(ラインモ)」とは?メリット・デメリットを解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約7分で読めます。

LINEMO

2021年2月18日にSoftBank on LINE(仮称)としていたソフトバンクのオンライン専用新ブランドが「LINEMO(ラインモ)」であることが発表されました。

NTTドコモの新料金プランahamo(アハモ)やauの新料金プランpovo(ポヴォ)の対抗プランとして、注目を集めています。

本記事では、そんな今注目の「LINEMO(ラインモ)」とはどんなプランなのか?ということやメリット・デメリットをわかりやすく解説します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEMO(ラインモ)とは?いつから始まるの?

LINEMOとは

LINEMO(ラインモ)は、ソフトバンクがLINEモバイルを100%子会社化および吸収合併して、新たに立ち上げるオンライン専用の新ブランドです。

ソフトバンクの自社ブランドとして、ソフトバンク・ワイモバイルと同じネットワーク、同じ品質で各種サービスを利用できます。

LINEMOコンセプトムービー「タノシイオドロキ」

LINEMO(ラインモ)の月額料金やプラン内容は?

料金は月額2,728円(税込)。月間データ容量20GBとコミュニケーションアプリ「LINE」がデータ容量を消費せずに使い放題となる「LINEギガフリー」が付いています。

「LINEギガフリー」の対象はLINEトーク/LINE通話など。トークでの位置情報の共有・Liveの利用、スタンプショップの利用、ニュース記事の閲覧など、一部LINEギガフリーの対象外のサービスもあります。

月間データ容量20GB超過後の通信速度は最大1Mbps。

通話に関しては、国内通話が22円/30秒。通話オプションは月額550円(税込)で5分以内の国内通話が無料になる「通話準定額」と月額1,650円(税込)で通話時間・回数ともに無制限で、国内通話がかけ放題になる「通話定額」が提供されます。

eSIMにも対応予定です。

LINEMO(ラインモ)の対応機種

LINEMO(ラインモ)のページで公開されている動作確認した端末は以下のとおりです。※2021年3月12日時点

  • iPhone 12
  • iPhone 12 mini
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 Pro Max
  • iPhone SE(2020・第2世代)
  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone XR
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone X
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone SE
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPad(第5世代)
  • iPad(第6世代)
  • iPad(第7世代)
  • iPad(第8世代)
  • iPad Pro 9.7インチ
  • iPad Pro 10.5インチ
  • iPad Pro 11インチ
  • iPad Pro 11インチ(第2世代)
  • iPad Pro 12.9インチ
  • iPad Pro 12.9インチ(第2世代)
  • iPad Pro 12.9インチ(第3世代)
  • iPad Pro 12.9インチ(第4世代)
  • iPad Air 2
  • iPad Air(第3世代)
  • iPad Air(第4世代)
  • iPad mini 4
  • iPad mini(第5世代)
  • OPPO Reno3 A(ワイモバイル)
  • arrows U(ソフトバンク)
  • Google Pixel 4a (5G)(ソフトバンク)
  • Google Pixel 4a(ソフトバンク)
  • Google Pixel 5 (ソフトバンク)

SIMロックがかかっている端末は、SIMロック解除が必要です。

なお、LINEMOではスマートフォンの販売がないので、Apple StoreやAmazonイオシス、ヨドバシカメラなどで購入し、自分で用意する必要があります。

LINEMO(ラインモ)はいつから始まる?

提供開始は2021年3月17日。

LINEMO(ラインモ)のメリット

LINEMOのメリット

  • 条件なしで月間データ容量20GB+LINEギガフリーが月額2,728円(税込)。5Gにも対応
  • 通話オプションをつけるかつけないか自分で決められる
  • eSIM対応
  • LINEで手続き可能
  • 手数料無料
  • 700万種類以上のLINEクリエイターズスタンプが追加料金なしで利用可能

メリット①:条件なしで月間データ容量20GB+LINEギガフリーが月額2,728円(税込)。5Gにも対応

LINEMO(ラインモ)は月間データ容量20GBにコミュニケーションアプリ「LINE」がデータ容量を消費せずに使い放題となる「LINEギガフリー」がついて月額2,728円(税込)。

ソフトバンクと同じネットワーク、同じ品質で各種サービスを利用可能で、4Gだけでなく5Gにも対応しています。

メリット②:通話オプションをつけるかつけないか自分で決められる

LINEMO(ラインモ)では5分以内通話かけ放題がプランに組み込まれていないため、自分で通話オプションをつけるかつけないかを決めることができます。

メリット③:eSIM対応

LINEMO(ラインモ)はeSIM対応予定であることが発表されています。eSIMだとこれまでのようにSIMカードを差し替えたりする必要もなくなるので、eSIM対応スマホを利用することで乗り換えがより便利になります。

メリット④:LINEで手続き可能

手続きはすべてオンラインでする必要がありますが、LINEMO(ラインモ)はLINEでも手続き可能になる予定とのこと。利用者が非常に多いLINEで気軽に手続きができるのは大きなメリットだと思います。

メリット⑤:手数料無料

契約事務手数料、SIM交換/再発行、MNP転出手数料、契約解除料がすべて無料となっています。これまで必要だった手数料が無料になって、少しでも安く契約できるのはメリットです。

メリット⑥:700万種類以上のLINEクリエイターズスタンプが追加料金なしで利用可能

700万種類以上のLINEクリエイターズスタンプが使い放題になる「LINE スタンププレミアム(ベーシックコース)」(月額240 円)が、今夏に追加料金なしで利用できるようになる予定。

LINEで色々なスタンプを使いながらトークを楽しみたい方にとっては、大きなメリットになります。

LINEMO(ラインモ)のデメリット

LINEMOのデメリット

  • キャリアメールが使えない
  • 手続きはすべてオンライン
  • 家族割り等の割引がない

デメリット①:キャリアメールが使えない

LINEMO(ラインモ)は、キャリアメールを提供していないため、SoftBankメール(@softbank.ne.jp)が使えません。

SoftBankメールを使っている方は、Gmailやヤフーメールなど他のサービスで代用する必要があります。

デメリット②:手続きはすべてオンライン

LINEMO(ラインモ)の手続きはWEBサイトやLINEで行う必要があります。

デメリット③:家族割り等の割引がない

LINEMO(ラインモ)はそのままの料金でかなり安いため、従来のプランにあったような光回線のセット割りや家族割などによる月額料金の割引はありません。

LINEMO(ラインモ)のメリット・デメリットまとめ:デメリットほぼなし

LINEMO

LINEMO(ラインモ)のデメリットとして上げた

  • キャリアメールが使えない
  • 手続きはすべてオンライン
  • 家族割り等の割引がない

これはぶっちゃけ、デメリットとしてはめちゃくちゃ弱いです。

キャリアメールは、Gmailやヤフーメールで代用できます。

手続きはすべてオンラインというのはむしろ喜ばしいことです。店舗で長時間待たされたりすることなく、スマホやパソコンを使って自分が好きな時間・タイミングで手続きできることを考えればデメリットになりません。

家族割り等の割引がないということに関しては、LINEMOはそのままの料金でかなり安いため、これもデメリットとしては弱いです。

LINEMO(ラインモ)は記事更新時点では、NTTドコモの「ahamo(アハモ)」auのpovo(ポヴォ)同様、欠点がかなり少ない最強クラスの料金プランだと、個人的には思います。

タイトルとURLをコピーしました