おすすめ動画配信サービス(VOD)ランキング

LINEMO(ラインモ)のミニプランとワイモバイルの3GBプランの違いを比較。メリット・デメリットも解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約7分で読めます。

LINEMO(ラインモ)のミニプランとワイモバイルの3GBプランの違いを比較。メリット・デメリットも解説

LINEMO(ラインモ)のミニプランが2021年7月15日から提供開始されています。

ミニプランが発表されたことで、ワイモバイルの3GBプランとどんな違いがあるの?どっちがお得なの?と気になっている方もいると思います。

そんな方のために本記事では、LINEMO(ラインモ)のミニプランとワイモバイルの3GBプランを比較しています。また、それぞれのメリット・デメリットも解説してます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEMO(ラインモ)のミニプランとワイモバイルの3GBプランの違いを比較

LINEMO(ラインモ)のミニプランとワイモバイルの3GBプラン「シンプルS」の違いを徹底比較していきます。

※価格はすべて税込

LINEMO(ラインモ)ミニプランワイモバイル シンプルS
3GB 月額基本料990円2,178円
データ量超過後の通信速度最大300kbps最大300kbps
5G対応
通話22円/30秒22円/30秒
通話オプションありあり
eSIM
家族割またはおうち割 光セットなしあり
店舗サポートなしあり
キャリアメール×

3GBプランの月額基本料金はLINEMO(ラインモ)の方が安い

LINEMO(ラインモ)ミニプランはデータ通信容量3GBにLINEのトークや通話が使い放題の「LINEギガフリー」がついて月額990円。

ワイモバイルの3GBプラン「シンプルS」はデータ通信容量3GBで月額2,178円となっており、LINEMO(ラインモ)ミニプランの方が1,188円安いです。

データ量超過後の通信速度は同じ

LINEMO(ラインモ)ミニプランとワイモバイルの3GBプラン「シンプルS」はデータ量超過後の通信速度は最大300kbpsでまったく同じです。

通話オプションの内容や価格に違いあり

LINEMO(ラインモ)の通話オプションは、月額550円で5分以内の国内通話が無料になるの「通話準定額」と月額1,650円で国内通話がかけ放題になる「通話定額」の2種類。

ワイモバイルの通話オプションは、月額770円で10分以内の国内通話が無料になる通話オプション「だれとでも定額」と月額1,870円で国内通話がかけ放題になる通話オプション「スーパーだれとでも定額(S)」の2種類。

通話オプションの数は同じですが、LINEMO(ラインモ)が月額550円で5分以内の国内通話が無料になる通話オプションなのに対して、ワイモバイルは月額770円で10分以内の国内通話が無料になる通話オプションを提供しており、通話時間と月額料金に違いがあります。

また、国内通話かけ放題になる通話オプションに関しては、LINEMO(ラインモ)が月額1,650円なのに対して、ワイモバイルが月額1,870円となっており、LINEMO(ラインモ)の方が220円安いです。

LINEMO(ラインモ)ワイモバイル
5分以内の国内通話が無料月額550円
10分以内の国内通話が無料月額770円
国内通話かけ放題月額1,650円月額1,870円

ワイモバイルの3GBプランは家族割・光回線割に対応

ワイモバイルの3GBプラン「シンプルS」は、は家族割・光回線割に対応しています。

ソフトバンク光・Air加入(おうち割 光セット(A))」または「家族割引サービス(2 回線目以降)」適用で1,188円の割引が受けられます。

ソフトバンク光・Air加入(おうち割 光セット(A))」と「家族割引サービス(2回線目以降)」の併用はできません

LINEMO(ラインモ)ミニプランのメリット

LINEMO(ラインモ)ミニプランのメリット

ここからは、LINEMO(ラインモ)ミニプランとワイモバイルの3GBプラン「シンプルS」を比較した内容を元に、それぞれのメリット・デメリットを書いていきます。まずはLINEMO(ラインモ)からいきます。

LINEMO(ラインモ)ミニプランのメリットは以下のとおりです。

  • シンプルな料金プランで一人でも安くて使いやすい
  • LINEギガフリーに対応

LINEMO(ラインモ)ミニプランのメリット①:シンプルな料金プランで一人でも安くて使いやすい

LINEMO(ラインモ)ミニプランは、データ通信容量3GBにLINEのトークや通話が使い放題の「LINEギガフリー」がついて月額990円です。

条件なく誰でもこの料金で利用できるので、一人でも利用しやすいです。

LINEMO(ラインモ)ミニプランのメリット②:LINEギガフリーに対応

LINEMO(ラインモ)ミニプランは、LINEのトークや通話が使い放題のLINEギガフリーに対応しています。

データ通信容量3GBと少ないデータ容量のプランだけに、データ容量がフリーになるサービスがあるのはメリットです。

LINEMO(ラインモ)ミニプランのデメリット

LINEMO(ラインモ)ミニプランのデメリット

LINEMO(ラインモ)ミニプランのデメリットは以下のとおりです。

  • データ容量のくりこしがない

LINEMO(ラインモ)ミニプランのデメリット①:データ容量のくりこしがない

LINEMO(ラインモ)は余ったデータ容量のくりこしができません。

データ通信容量が3GBと少ないプランなので、データ容量のくりこしがないのはデメリットです。

ワイモバイル3GBプランのメリット

ワイモバイル3GBプランのメリット

ワイモバイルの3GBプラン「シンプルS」のメリットは以下のとおりです。

  • データ容量のくりこしに対応
  • Yahoo!プレミアムが無料で使える

ワイモバイル3GBプランのメリット①:データ容量のくりこしに対応

ワイモバイルの3GBプラン「シンプルS」は、2021年8月からデータ容量のくりこしに対応します。

データ通信容量3GBと少ないデータ容量のプランだけに、くりこしがあるのはメリットです。

3GBのプランだと、くりこしがあるのとないのとでは、データ容量に関する安心感が全然違います。

ワイモバイル3GBプランのメリット②:Yahoo!プレミアムが無料で使える

ワイモバイルの3GBプラン「シンプルS」は、「Yahoo!ショッピング」や「PayPayモール」での買い物でポイントの還元率が優遇されたり、「お買いものあんしん保証」「読み放題プレミアム」などさまざまな特典があるYahoo!プレミアム for Y!mobileが通信料金に組み込まれているため無料で利用できます。

月額508円のサービスが無料で利用できるのはメリットです。

ワイモバイル3GBプランのデメリット

ワイモバイル3GBプランのデメリット

ワイモバイルの3GBプラン「シンプルS」のデメリットは以下のとおりです。

  • 家族割、光回線割を適用できないと月額料金が高い

ワイモバイル3GBプランのデメリット①:家族割、光回線割を適用できないと月額料金が高い

ワイモバイルの3GBプラン「シンプルS」は月額2,178円なので、月額990円のLINEMO(ラインモ)と比較すると高いです。

ソフトバンク光・Air加入(おうち割 光セット(A))」または「家族割引サービス(2 回線目以降)」適用で1,188円の割引を受けることができれば、LINEMO(ラインモ)のミニプランと同じ月額990円で利用できるようになりますが、誰でも月額990円で利用できるLINEMO(ラインモ)ミニプランと比較すると条件もあるし微妙だと思います。

比較まとめ:LINEMO(ラインモ)ミニプランがすごい

LINEMO(ラインモ)のミニプランとワイモバイルの3GBプラン「シンプルS」の比較とメリット・デメリットを解説しました。

LINEMO(ラインモ)ミニプランは、データ通信容量3GBにLINEのトークや通話が使い放題の「LINEギガフリー」がついて月額990円。特別な条件もありません。とにかくシンプルにわかりやすいプラン内容でさらに安いです。LINEMO(ラインモ)のミニプランはすごいなと思いました。

ワイモバイルは月額料金は高いものの、データ容量のくりこしやYahoo!プレミアムが無料ですし、店舗のサポートも手厚く、LINEMO(ラインモ)にはない強みがあります。

両方それぞれ強みがあるので、自分の利用状況にどっちが合っているのか、本記事の内容を参考にしつつ考えてもらえれば嬉しいです。

個人的には条件なしで安いLINEMO(ラインモ)ミニプランがおすすめ。ただ、光回線割もしくは家族割が受けられる環境にある方は、くりこしに対応しているワイモバイルもありです。

タイトルとURLをコピーしました