おすすめ動画配信サービス(VOD)ランキング

ahamo、povo、SoftBank on LINEどれがおすすめ?料金・特徴を比較まとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約5分で読めます。

ahamo、povo、SoftBank on LINEを比較。どれがおすすめ

2020年末から2021年にかけてNTTドコモのahamo、auのpovo、ソフトバンクのSoftBank on LINEが発表されました。

本記事では、非常に注目度が高いこの3つの新料金プランの料金・特徴を比較していきます。

ahamo、povo、SoftBank on LINEどれにしようか悩んでいる方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ahamo(アハモ)の特徴まとめ

ahamoアハモ

ahamoは海外82の国々・地域でも追加料金なしで利用できるところが特徴です。

【ahamo】コンセプトムービー #つながりによろこびを
  • データ容量20GB、5分以内国内通話無料で月額2,980円(税込3,278円)
  • ドコモの4G/5Gネットワークを利用できる
  • データ容量20GBは、海外82の国々・地域でも追加料金なしで利用可能
  • キャリアメールには非対応
  • ファミリー割引の申し込み可能(割引特典対象外)
  • みんなドコモ割のカウント対象
  • 申込みや手続きはオンラインのみ
NTTドコモの新料金プラン「ahamo(アハモ)」とは?メリット・デメリットを解説
2020年12月3日にNTTドコモが発表した新料金プラン「ahamo(アハモ)」。 従来のプランよりも料金が安いだけでなく、シンプルでわかりすいこともあって、話題となっています。 本記事では、そんな今注目の「ahamo(...

povo (ポヴォ)の特徴まとめ

オンライン専用新料金プラン「povo (ポヴォ)」

povoはプランに5分以内国内通話無料が含まれていないことで料金が安いことと、追加トッピングによって自由にオプションをつけてカスタマイズできるのが特徴です。

新発想の料金プラン「povo(ポヴォ)」誕生
  • データ容量20GBで2,480円(税込2728円)
  • auの4G/5Gネットワークを利用できる
  • 通話は20円(税込22円)/30秒
  • 追加トッピングでデータ使い放題 24時間などを利用可能
  • キャリアメールには非対応
  • 申込みや手続きはオンラインのみ
auの新料金プラン「povo(ポヴォ)」とは?メリット・デメリットを解説
2021年1月13日にKDDIが発表したauのオンライン専用新料金プラン「povo(ポヴォ)」。 自分のスタイルに応じてオプションを追加するトッピング形式が特徴です。 本記事では、そんな今注目の「povo(ポヴォ)」とは...

SoftBank on LINEの特徴まとめ

SoftBank on LINE

SoftBank on LINEはコミュニケーションアプリ「LINE」がデータ容量を消費せずに使い放題となる「LINEがギガノーカウント」が特徴です。

  • データ容量20GB、5分以内国内通話無料で月額2,980円(税込3,278円)
  • ソフトバンク・ワイモバイルと同じネットワークを利用できる
  • コミュニケーションアプリ「LINE」がデータ容量を消費せずに使い放題となる「LINEがギガノーカウント」が付いている
  • キャリアメールには非対応
  • 申込みや手続きはオンライン・LINE
ソフトバンクの新料金プラン「SoftBank on LINE」とは?メリット・デメリットを解説
2020年12月22日にソフトバンクが発表した新料金プラン「SoftBank on LINE」。 NTTドコモの新料金プランahamo(アハモ)対抗プランとして、注目を集めています。 本記事では、そんな今注目の「Soft...

ahamo、povo、SoftBank on LINEの料金・特徴をまとめて比較

ahamo、povo、SoftBank on LINEの料金・特徴を表でまとめました。

ahamo(NTTドコモ)povo(au)SoftBank on LINE(ソフトバンク)
月額料金2,980円(税込3,278円)2,480円(税込2728円)2,980円(税込3,278円)
データ容量20GB20GB20GB
データ容量超過後の速度1Mbps1Mbps1Mbps
通信ドコモの4G/5Gネットワークauの4G/5Gネットワークソフトバンク・ワイモバイルと同じネットワーク
5G対応◯※2021年夏に対応予定
通話5分以内の国内通話無料20円(税込22円)/30秒5分以内の国内通話無料
かけ放題月1,000円(税込1,100円)5分以内:月500円(税込550円)

通話かけ放題:月1,500円(税込1,650円)

月1,000円(税込1,100円)
キャリアメール×××
eSIM不明◯(対応予定)
申し込みオンラインオンラインオンライン・LINE
特徴・独自の強み海外82の国々・地域でも追加料金なしで利用可能追加トッピングでカスタマイズ可能

200円(税込220円)で24時間データ通信が使い放題など

LINEがデータ容量を消費せずに使い放題となる「LINEがギガノーカウント」

※対象はLINEトーク/LINE通話などを予定

ahamo、povo、SoftBank on LINEどれがおすすめ?

ahamo、povo、SoftBank on LINEどれにしようか迷っている方が多いと思います。ここでは私が個人的に思うahamo、povo、SoftBank on LINEはこんな人におすすめというのを書いてみました。

ahamoはこんな人におすすめ

  • ドコモのネットワークに魅力を感じる人
  • 海外でも利用する可能性がある人

povoはこんな人におすすめ

  • auのネットワークに魅力を感じる人
  • 5分以内国内通話無料が必要ない人
  • 追加トッピングで自分好みにカスタマイズしたい人
  • 24時間データ通信が使い放題となる「データ使い放題 24時間」に魅力を感じる人

SoftBank on LINEはこんな人におすすめ

  • ソフトバンク・ワイモバイルのネットワークに魅力を感じる人
  • 「LINE」がデータ容量を消費せずに使い放題となる「LINEがギガノーカウント」に魅力を感じる人

ahamo、povo、SoftBank on LINEまとめ

ahamo、povo、SoftBank on LINEを比較。どれがおすすめ

本記事では、NTTドコモのahamo、auのpovo、ソフトバンクのSoftBank on LINEの料金や特徴をまとめました。

データ容量20GBや5G対応、オンラインでの手続きといった共通する部分もありますが、3社それぞれ独自の特徴・強みを持っています。

それを把握した上で、どのプランに魅力を感じるか?というのを考えてもらえたらと思います。

タイトルとURLをコピーしました