【2022年最新】スマホ料金プラン比較

ahamo、povo、LINEMOどれがおすすめ?料金・特徴を比較まとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約17分で読めます。

NTTドコモのahamo(アハモ)、auのpovo(ポヴォ)、ソフトバンクのLINEMO(ラインモ)が発表されました。

本記事では、非常に注目度が高いこの3つの新料金プランの料金・特徴を比較していきます。

ahamo(アハモ)、povo(ポヴォ)、LINEMO(ラインモ)どれにしようか悩んでいる方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  1. ahamo、povo、LINEMOの特徴を比較
    1. ahamoの特徴
    2. povoの特徴
    3. LINEMOの特徴
  2. ahamo、povo、LINEMOの料金プランを比較
  3. ahamoとpovo2.0の違いを徹底比較
    1. ahamoとpovo2.0の月額料金とデータ容量を比較
    2. ahamoとpovo2.0のデータ容量超過後の速度を比較:povo2.0が遅い
    3. ahamoとpovo2.0のかけ放題オプションの価格を比較:ahamoが安い
    4. ahamoとpovo2.0の海外での利用を比較:ahamoが便利
    5. ahamoとpovo2.0のクレジットカード特典を比較:povo2.0は特典なし
    6. ahamoとpovo2.0のサポートを比較:基本オンラインのみ
  4. ahamoとLINEMOの違いを徹底比較
    1. ahamoとLINEMOの月額料金とデータ容量を比較
    2. ahamoとLINEMOのデータ容量超過後の速度を比較:LINEMOのミニプランだけ違う
    3. ahamoとLINEMOのかけ放題オプションの価格を比較:ahamoが安い
    4. ahamoとLINEMOの海外での利用を比較:ahamoが便利
    5. ahamoとLINEMOのサポートを比較:基本オンラインのみ
    6. ahamoとLINEMOのクレジットカード特典を比較:LINEMOは特典なし
    7. LINEMOはLINEサービスに関する特典が豊富
  5. povo2.0とLINEMOの違いを比較
    1. povo2.0とLINEMOの月額料金とデータ容量を比較
    2. povo2.0とLINEMOのデータ容量超過後の速度を比較:povo2.0が遅い
    3. povo2.0とLINEMOのかけ放題オプションの価格を比較:価格まったく同じ
    4. povo2.0とLINEMOの海外での利用を比較
    5. povo2.0とLINEMOのサポートを比較:基本オンラインのみ
  6. ahamo、povo2.0、LINEMOどれがおすすめ?
    1. ahamoはこんな人におすすめ
    2. povo2.0はこんな人におすすめ
    3. LINEMOはこんな人におすすめ
  7. ahamo(アハモ)、povo(ポヴォ)、LINEMO(ラインモ)比較まとめ

ahamo、povo、LINEMOの特徴を比較

まずはahamo、povo、LINEMOの特徴を確認してきます。

ahamoの特徴

ahamoアハモ

ahamo(アハモ)は海外82の国々・地域でも追加料金なしで利用できるところが特徴です。

  • データ容量20GB、5分以内国内通話無料で月額2,970円※1
  • ドコモの4G/5Gネットワークを利用できる
  • データ容量20GBは、海外82の国々・地域でも追加料金なしで利用可能※2
  • eSIM対応
  • キャリアメールには非対応※3
  • ファミリー割引の申し込み可能(割引特典対象外)
  • みんなドコモ割のカウント対象
  • 申込みや手続きは基本オンライン※4
  • d払いの電話料金合算払いが利用できる
  • ドコモショップでahamo WEBの申込み・手続きサポートを有料で受けることも可能※5
  • ケータイ補償サービスあり
  • dカードdカード GOLD利用で特典あり

※1:機種代金別途

※2:15日を超えて海外で利用される場合は速度制限がかかります。国内利用と合わせての容量上限です。

※3:ahamoでは、キャリアメールなど一部ご利用できないサービスがあります。

※4:サイトメンテナンス中など、受付できない場合がございます。

※ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。 ドコモショップなどでのサポートをご希望の場合は、「ahamoWebお申込みサポート(※2)」(税込3,300円) をご利用ください。 なお、お申込み時の端末操作はお客さまご自身で実施頂きます。また、端末初期設定およびデータ移行などは 本サポートの範囲外となります。 端末初期設定およびデータ移行の補助をご希望のお客さまは「初期設定サポート(有料)(※3)」を別途お申込 みください。
※2お客さまのご要望に基づき、ahamo専用サイトからのお申込みの補助を行うものです。 ※3お客さまのご要望に基づき、ahamoアプリおよび専用サイトからのお手続き補助を行うものです。

povoの特徴

オンライン専用新料金プラン「povo (ポヴォ)」

povo2.0は月額基本料が0円で、トッピング(オプション)を自由にをつけてプランをカスタマイズできるのが特徴です。

  • povo2.0はベースプランが基本料0円
  • povo2.0はオールトッピングで自分好みのプランにできる
  • #ギガ活でpovo2.0で使えるギガ (データ)を貯めることができる
  • auの4G/5Gネットワークを利用できる
  • 通話は20円(税込22円)/30秒
  • キャリア決済「auかんたん決済」が利用できる
  • キャリアメールには非対応
  • eSIM対応
  • 申込みや手続きはオンラインのみ

LINEMOの特徴

LINEMO

LINEMOはコミュニケーションアプリ「LINE」がデータ容量を消費せずに使い放題となる「LINEギガフリー」が特徴です。

  • データ容量20GBで月額2,728円
  • データ容量3GBで月額990円
  • ソフトバンク・ワイモバイルと同じネットワークを利用できる
  • コミュニケーションアプリ「LINE」がデータ容量を消費せずに使い放題となる「LINEがギガノーカウント」が付いている
  • 700万種類以上のLINEクリエイターズスタンプが追加料金なしで利用可能(2021年秋以降)
  • キャリア決済「ソフトバンクまとめて支払い」が利用できる
  • キャリアメールには非対応
  • eSIM対応
  • 申込みや手続きはオンライン・LINE

ahamo、povo、LINEMOの料金プランを比較

「金合算払いが利用できる」

ahamo、povo、LINEMOの違いを比較しやすくするために料金プランの内容を表でまとめました。

 ahamo(NTTドコモ)povo2.0(au)LINEMO(ソフトバンク)
月額料金2,970円0円スマホプラン:2,728円

 

ミニプラン:990円

データ容量20GB0GB20GB・3GB
データ容量超過後の速度最大1Mbps最大128kbps20GB:最大1Mbps

 

3GB:最大300kbps

通信ドコモの4G/5Gネットワークauの4G/5Gネットワークソフトバンク・ワイモバイルと同じネットワーク
5G対応
通話5分以内の国内通話無料

 

5分を超えた場合は22円/30秒

22円/30秒22円/30秒
かけ放題月1,100円5分以内:月550円

 

通話かけ放題:月1,650円

5分以内:月550円

 

通話かけ放題:月1,650円

キャリアメール×××
eSIM
申し込み店舗(有料)、オンラインオンラインオンライン・LINE
特徴・独自の強み海外82の国々・地域でも追加料金なしで利用可能

 

dカード、dカード GOLD利用で特典あり

基本料0円でオールトッピング

 

330円で24時間データ通信が使い放題など

LINEがデータ容量を消費せずに使い放題となる「LINEギガフリー」※対象はLINEトーク/LINE通話など

 

700万種類以上のLINEクリエイターズスタンプが追加料金なしで利用可能(2021年秋以降)

ahamoとpovo2.0の違いを徹底比較

ahamo(アハモ)とpovo(ポヴォ)比較

ahamoとpovo2.0を比較していきます。

 ahamo(NTTドコモ)povo2.0(au)
月額料金2,970円0円
データ容量20GB0GB
データトッピングデータ追加1GB (7日間) 390円
データ追加3GB (30日間) 990円
データ追加20GB (30日間) 2,700円
データ追加60GB (90日間) 6,490円
データ追加150GB (180日間) 12,980円
データ容量超過後の速度最大1Mbps最大128kbps
通信ドコモの4G/5Gネットワークauの4G/5Gネットワーク
5G対応
通話5分以内の国内通話無料

 

5分を超えた場合は22円/30秒

22円/30秒
かけ放題月1,100円5分以内:月550円

 

通話かけ放題:月1,650円

キャリアメール××
eSIM
申し込み店舗(有料)、オンラインオンライン
特徴・独自の強み海外82の国々・地域でも追加料金なしで利用可能

 

dカード、dカード GOLD利用で特典あり

基本料0円でオールトッピング

 

330円で24時間データ通信が使い放題など

ahamoとpovo2.0の月額料金とデータ容量を比較

ahamoはデータ容量20GBと5分以内の国内通話無料がついて月額2,970円。

povo2.0はデータ容量0GBで月額基本料0円。データや通話のトッピングを購入することでプランを自分好みのプランを作ることができるようになっています。

povo2.0の方が自由度が高いプランとなっているので、ahamoよりも価格を安くできる可能性があります。

 ahamo(NTTドコモ)povo2.0(au)
月額料金2,970円0円
データ容量20GB0GB
データトッピングデータ追加1GB (7日間) 390円
データ追加3GB (30日間) 990円
データ追加20GB (30日間) 2,700円
データ追加60GB (90日間) 6,490円
データ追加150GB (180日間) 12,980円

ahamoとpovo2.0のデータ容量超過後の速度を比較:povo2.0が遅い

データ容量超過後の速度はahamoが最大1Mbps、povoが最大128kbpsとなっており、ahamoの方が速いです。

povoはデータ容量超過後はかなり遅くなってしまうので、データトッピングを購入してデータ容量をしっかり確保しながら使う必要があります。

ahamoとpovo2.0のかけ放題オプションの価格を比較:ahamoが安い

通話かけ放題オプションの価格はahamoが月1,100円、povoが月1,650円となっており、ahamoの方が安いです。

ahamoとpovo2.0の海外での利用を比較:ahamoが便利

ahamoは海外82の国々・地域でも追加料金なしで利用可能となっています。

povoは国際ローミングについては提供予定となっており、現状海外での利用が便利なのはahamo(アハモ)です。

ahamoとpovo2.0のクレジットカード特典を比較:povo2.0は特典なし

ahamo(アハモ)はdカードもしくはdカードGOLDを携帯電話番号をdカードの利用携帯電話番号として登録し、ahamo(アハモ)の料金の支払いをdカードもしくはdカードGOLDに設定することでデータ容量が毎月増量される特典があります。

povoは今の所au PAY カード、au PAY ゴールドカードの特典は発表されていません。

ahamoとpovo2.0のサポートを比較:基本オンラインのみ

2021年4月22日からドコモショップで有料の「ahamo WEBお申込みサポート(3,300円)」「ahamo WEBお手続きサポート(3,300円)」がスタートしています。

ahamoに乗り換えたいけど、オンラインで申し込む方法がわからなくて困っていた方でも店舗に行けば有料ながらもサポートしてもらえるのはahamoの強みです。

povo2.0はオンラインのみとなっています。

ahamoとLINEMOの違いを徹底比較

ahamo(アハモ)とLINEMO比較

ahamo(アハモ)とLINEMO(ラインモ)を比較していきます。

 ahamo(NTTドコモ)LINEMO(ソフトバンク)
月額料金2,970円スマホプラン:2,728円

 

ミニプラン:990円

データ容量20GB20GB・3GB
データ容量超過後の速度最大1Mbps20GB:最大1Mbps

 

3GB:最大300kbps

通信ドコモの4G/5Gネットワークソフトバンク・ワイモバイルと同じネットワーク
5G対応
通話5分以内の国内通話無料

 

5分を超えた場合は22円/30秒

22円/30秒
かけ放題月1,100円5分以内:月550円

 

通話かけ放題:月1,650円

キャリアメール××
eSIM
申し込み店舗(有料)、オンラインオンライン・LINE
特徴・独自の強み海外82の国々・地域でも追加料金なしで利用可能

 

dカード、dカード GOLD利用で特典あり

LINEがデータ容量を消費せずに使い放題となる「LINEギガフリー」※対象はLINEトーク/LINE通話など

 

700万種類以上のLINEクリエイターズスタンプが追加料金なしで利用可能(今夏)

ahamoとLINEMOの月額料金とデータ容量を比較

ahamoはデータ容量20GBと5分以内の国内通話無料がついて月額2,970円。

LINEMOはデータ容量20GBで月額2,728円のスマホプランとデータ容量3GBで月額990円のミニプランが用意されており、ahamoより選択肢が多いです。

データ容量20GBのプランは、価格だけみるLINEMOの方が安く見えますが、ahamoには5分以内の国内通話無料がプランに組み込まれています。

一方LINEMOは5分以内の国内通話無料はオプションになっており、自分で付けるかどうかを選択できるようになっています。

 ahamo(NTTドコモ)LINEMO(ソフトバンク)
月額料金2,970円スマホプラン:2,728円

 

ミニプラン:990円

データ容量20GB20GB・3GB

ahamoとLINEMOのデータ容量超過後の速度を比較:LINEMOのミニプランだけ違う

データ容量超過後の速度はahamoが最大1Mbps。

LINEMOはデータ容量20GBのスマホプランは最大1Mbpsでahamoと同じですが、データ容量3GBのミニプランは最大300kbpsと遅くなっているいるので注意が必要です。

 ahamo(NTTドコモ)LINEMO(ソフトバンク)
データ容量超過後の速度1Mbps20GB:最大1Mbps

 

3GB:最大300kbps

ahamoとLINEMOのかけ放題オプションの価格を比較:ahamoが安い

ahamoの通話かけ放題は月1,100円、LINEMOは月1,650円となっており、ahamoの方が安いです。

ahamoとLINEMOの海外での利用を比較:ahamoが便利

ahamoとLINEMOは両方とも国際ローミングに対応していますが、中身はかなり違いがあります。

ahamoは海外82の国々・地域でも追加料金なしで利用可能となっており、特別な申し込み等をすることなく簡単に利用できます。

LINEMOは国際ローミングを利用する際は申込みが必要です。オプションに申し込むこと自体は無料ですが、実際に通話をすれば通話した分の料金がかかりますし、データ通信をする場合は「データ通信サービス 海外パケットし放題」の料金が発生します。

またLINEMOの国際ローミングは課金開始から 5ヶ月目から加入可能となるので、その点にも注意が必要です。

ahamoとLINEMOのサポートを比較:基本オンラインのみ

2021年4月22日からドコモショップで有料の「ahamo WEBお申込みサポート(3,300円)」「ahamo WEBお手続きサポート(3,300円)」がスタートしています。

ahamoに乗り換えたいけど、オンラインで申し込む方法がわからなくて困っていた方でも店舗に行けば有料ながらもサポートしてもらえるのはahamoの強みです。

LINEMOはオンラインのみとなっています。

ahamoとLINEMOのクレジットカード特典を比較:LINEMOは特典なし

ahamoはdカードもしくはdカードGOLDを携帯電話番号をdカードの利用携帯電話番号として登録し、ahamoの料金の支払いをdカードもしくはdカードGOLDに設定することでデータ容量が毎月増量される特典があります。

LINEMOは今の所そういった特典は発表されていません。

LINEMOはLINEサービスに関する特典が豊富

LINEMOにはLINEトーク/LINE通話など対象となるLINE機能がデータ容量を消費せずに使い放題となる「LINEギガフリー」があります。

また、2021年秋以降700万種類以上のLINEクリエイターズスタンプが追加料金なしで利用可能になる予定です。

povo2.0とLINEMOの違いを比較

povo(ポヴォ)とLINEMOを比較.jpg

povo2.0とLINEMOを比較していきます。

 povo2.0(au)LINEMO(ソフトバンク)
月額料金0円スマホプラン:2,728円

 

ミニプラン:990円

データ容量0GB20GB・3GB
データトッピングデータ追加1GB (7日間) 390円
データ追加3GB (30日間) 990円
データ追加20GB (30日間) 2,700円
データ追加60GB (90日間) 6,490円
データ追加150GB (180日間) 12,980円
データ容量超過後の速度最大128kbps20GB:1Mbps

 

3GB:300kbps

通信auの4G/5Gネットワークソフトバンク・ワイモバイルと同じネットワーク
5G対応
通話22円/30秒22円/30秒
かけ放題5分以内:月550円

 

通話かけ放題:月1,650円

5分以内:月550円

 

通話かけ放題:月1,650円

キャリアメール××
eSIM
申し込みオンラインオンライン・LINE
特徴・独自の強み基本料0円でオールトッピング

 

330円で24時間データ通信が使い放題など

LINEがデータ容量を消費せずに使い放題となる「LINEギガフリー」※対象はLINEトーク/LINE通話など

 

700万種類以上のLINEクリエイターズスタンプが追加料金なしで利用可能(2021年秋以降)

povo2.0とLINEMOの月額料金とデータ容量を比較

povo2.0はデータ容量0GBで月額基本料0円。データや通話のトッピングを購入することでプランを自分好みのプランを作ることができるようになっています。

LINEMOはデータ容量20GBで月額2,728円のスマホプランとデータ容量3GBで月額990円のミニプランの2つのプランが用意されています。

povo2.0の方が自由度が高いプランとなっているので、LINEMOよりも価格を安くできる可能性があります。

 povo2.0(au)LINEMO(ソフトバンク)
データ容量超過後の速度最大128kbps20GB:1Mbps

 

3GB:300kbps

データ容量0GB20GB・3GB

povo2.0とLINEMOのデータ容量超過後の速度を比較:povo2.0が遅い

データ容量超過後の速度はpovo2.0が最大128kbps。

LINEMOはデータ容量20GBのスマホプランは最大1Mbps、データ容量3GBのミニプランは最大300kbpsとなっています。

povoはデータ容量超過後はかなり遅くなってしまうので、データトッピングを購入してデータ容量をしっかり確保しながら使う必要があります。

 povo2.0(au)LINEMO(ソフトバンク)
データ容量超過後の速度最大128kbps20GB:1Mbps

 

3GB:300kbps

povo2.0とLINEMOのかけ放題オプションの価格を比較:価格まったく同じ

povo2.0とLINEMOのかけ放題オプションの価格はまったく同じです。

 povo2.0(au)LINEMO(ソフトバンク)
かけ放題5分以内:月550円

 

通話かけ放題:月1,650円

5分以内:月550円

 

通話かけ放題:月1,650円

povo2.0とLINEMOの海外での利用を比較

povoは国際ローミングについては提供予定。

LINEMOは国際ローミングを利用する際は申込みが必要です。オプションに申し込むこと自体は無料ですが、実際に通話をすれば通話した分の料金がかかりますし、データ通信をする場合は「データ通信サービス 海外パケットし放題」の料金が発生します。

LINEMOの国際ローミングは課金開始から 5ヶ月目から加入可能となるので、その点にも注意が必要です。

povo2.0とLINEMOのサポートを比較:基本オンラインのみ

povo2.0とLINEMOはオンラインのみとなっています。店舗でのサポートはありません。

ahamo、povo2.0、LINEMOどれがおすすめ?

ahamo、povo2.0、LINEMOどれにしようか迷っている方が多いと思います。ここでは私が個人的に思うahamo、povo2.0、LINEMOはこんな人におすすめというのを書いてみました。

ahamoはこんな人におすすめ

  • ドコモのネットワークに魅力を感じる人
  • 5分以内国内通話無料が必要な人
  • かけ放題オプションを安くつけたい人
  • 海外でも利用する可能性がある人
  • 有料でもいいから店舗で申し込みや手続のサポートを受けたい人

povo2.0はこんな人におすすめ

  • auのネットワークに魅力を感じる人
  • トッピングを追加して自分でプランを作りたい人
  • トッピングの購入をしっかりと管理できる人
  • 24時間データ通信が使い放題となる「データ使い放題 24時間」に魅力を感じる人

LINEMOはこんな人におすすめ

  • ソフトバンク・ワイモバイルのネットワークに魅力を感じる人
  • データ容量20GBだけじゃなくて3GBプランの選択肢もほしい人
  • 5分以内国内通話無料が必要ない人
  • LINEがデータ容量を消費せずに使い放題となる「LINEギガフリー」に魅力を感じる人
  • LINE スタンププレミアム(ベーシックコース)を利用している人

ahamo(アハモ)、povo(ポヴォ)、LINEMO(ラインモ)比較まとめ

本記事では、NTTドコモのahamo、auのpovo、ソフトバンクのLINEMOの料金や特徴をまとめて比較しました。

ahamoは通話を含めた料金プランとなっていますし、かけ放題オプションも安いので、通話を重視する方はahamo(アハモ)が一番使いやすいと思います。また海外82の国々・地域で追加料金や特別な申し込みなしで利用可能なので、海外で使いたいと思っている人もahamo(アハモ)はおすすめです。

povoのpovo2.0はベースプランが基本料0円でトッピングを購入することでプランを作ることができるようになっているので、そういった自由度の高いプランに魅力を感じる人におすすめです。

LINEMOはデータ容量20GBのプランだけでなく、3GBプランも選べるのが非常に大きな強みです。あとはLINEがデータ容量を消費せずに使い放題となる「LINEギガフリー」もあるので、LINEをよく使う人はLINEMO(ラインモ)がおすすめです。

本記事の内容を参考にしつつ、どの料金プランに魅力を感じるか?というのを考えてもらえたらと思います。

公式サイトはこちらから

タイトルとURLをコピーしました