おすすめ動画配信サービス(VOD)ランキング

LINEMO(ラインモ)とY!mobile(ワイモバイル)どっちがおすすめ?料金プラン・特徴を比較して違いをチェック

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約5分で読めます。

LINEMO(ラインモ)とワイモバイルの違いは?料金プランと特徴を比較

NTTドコモのahamoが発表されて以降、各社から新プランが続々と発表されている状況です。どこにしようかな?と迷っている方も多いのではないでしょうか?

本記事では、ソフトバンクのLINEMO(ラインモ)とY!mobile(ワイモバイル)の料金プランと特徴を比較します。

LINEMO(ラインモ)とY!mobile(ワイモバイル)どっちに乗り換えようか迷っている方やLINEMO(ラインモ)とワイモバイルの違いをチェックしたい方は参考にしてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEMO(ラインモ)とY!mobile(ワイモバイル)の料金プラン・特徴を比較

LINEMO(ラインモ)とワイモバイルの料金プランを比較

LINEMO(ラインモ)とY!mobile(ワイモバイル)の料金プラン・特徴を表でまとめました。

LINEMO(ラインモ)Y!mobile(ワイモバイル)
3GB990円2,178円
15GB3,278円
20GB2,728円
25GB4,158円
5G対応
通話22円/30秒22円/30秒
通話オプションありあり
特徴的なサービス2021年夏からLINEスタンププレミアム(ベーシックコース/保有可能数:5個)が追加料金なしで利用可能

LINEアプリのトークや音声通話・ビデオ電話のデータ消費がゼロ

Yahoo!プレミアム会員が追加料金なしで利用可能
家族割またはおうち割 光セットなしあり
店舗サポートなしあり
キャリアメール×

LINEMO(ラインモ)の料金プランはシンプル。LINE系サービスに強い

LINEMO(ラインモ)はデータ容量20GBとデータ容量3GBの2プランのみ。

LINEのトークや通話が使い放題の「LINEギガフリー」がプランに組み込まれています。

今夏には700万種類以上のLINEクリエイターズスタンプが使い放題になる月額240 円の「LINE スタンププレミアム(ベーシックコース)」が、追加料金なしで利用できるようになる予定。

通話オプションは、月額550円で5分以内の国内通話が無料になるの「通話準定額」と月額1,650円で国内通話がかけ放題になる「通話定額」の2種類。

店舗のサポートはなく、申込みや手続きはすべてオンラインでする必要があります。

Y!mobile(ワイモバイル)は家族割・光回線割と店舗サポートが魅力

Y!mobile(ワイモバイル)は、データ容量3GB、15GB、25GBの3プラン。

通話オプションは、月額770円で10分以内の国内通話が無料になる通話オプション「だれとでも定額」と月額1,870円で国内通話がかけ放題になる通話オプション「スーパーだれとでも定額(S)」の2種類。

ソフトバンク光・Air加入(おうち割 光セット(A))」または「家族割引サービス(2 回線目以降)」適用で1,188円の割引が受けられます。

ソフトバンク光・Air加入(おうち割 光セット(A))」と「家族割引サービス(2回線目以降)」の併用はできません

また、Y!mobile(ワイモバイル)は全国に約4,000店舗あるためサポート体制はバッチリです。困ったときは店舗でしっかりとサポートが受けることができます。

ワイモバイルはYahoo!プレミアム会員が追加料金なしで利用できる

「Yahoo!ショッピング」や「PayPayモール」での特典があったり「読み放題プレミアム」で雑誌・マンガが読み放題になるなど、多数の特典を利用できる月額会員費508円のYahoo!プレミアムが追加料金なしで利用できます。

Y!mobile(ワイモバイル)はキャリアメールを利用できる。LINEMO(ラインモ)は非対応

Y!mobile(ワイモバイル)はY!mobileメール(@ymobile.ne.jp)が利用可能です。LINEMO(ラインモ)はキャリアメールには非対応となっています。

LINEMO(ラインモ)とY!mobile(ワイモバイル)どっちがおすすめ?

LINEMO(ラインモ)とワイモバイルどっちがおすすめ

LINEMO(ラインモ)とY!mobile(ワイモバイル)どっちにしようか迷っている方向けに、ここではLINEMO(ラインモ)とY!mobile(ワイモバイル)はこんな人におすすめというのを書いてみました。

LINEMO(ラインモ)がおすすめの人

  • LINEで長時間トークや電話をする人
  • メッセージのやり取りや通話をすべてLINEでやっている人
  • データ容量20GBあれば十分な人
  • データ容量3GBあれば十分な人
  • 店舗でのサポートは必要ない人

自分で申し込みや初期設定ができるなら、価格の安さやデータ容量的にもLINEMO(ラインモ)がおすすめだと思います。

家族割とか関係なしに1人でも料金が安いのは非常に魅力的。

Y!mobile(ワイモバイル)がおすすめの人

  • 「おうち割 光セット(A)」または「家族割引サービス(2回線目以降)」の割引を受ける条件が整っている人
  • 店舗でのサポートが必要な人

ワイモバイルは「おうち割 光セット(A)」または「家族割引サービス(2回線目以降)」を適用できれば1,188円の割引が受けることができるので、ソフトバンク光に加入している方や家族みんなで使う予定であれば悪くない選択だと思います。

LINEMO(ラインモ)とY!mobile(ワイモバイル)の比較まとめ

ソフトバンクのLINEMO(ラインモ)とY!mobile(ワイモバイル)の料金プランと特徴を比較しました。

LINEMO(ラインモ)はとにかくシンプルに安くて、誰でも使いやすい料金プランになっているので、一人でも使いやすいです。

Y!mobile(ワイモバイル)は家族割・光回線割がかなり強力。店舗でのサポートも手厚いです。

それぞれ魅力的な部分があるので、本記事の内容を参考にしつつ、自分にはどっちのプランが良いのか考えてみてください。

タイトルとURLをコピーしました