【2021年最新】スマホ料金プラン比較

povo2.0とは?povo1.0との比較やメリット・デメリットを解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約10分で読めます。

POVO

auは2021年9月13日にオールトッピングプラン「povo2.0」を発表。2021年9月29日午前9時から提供開始するとしています。

本記事では、「povo2.0」のプラン内容の解説に加えて、povo1.0との比較やメリット・デメリットを解説します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

povo2.0とは?

基本料0円から始めるオールトッピング「povo2.0」

 

まずはpovo2.0とはどんなプランなのかを解説します。

自由度激高のオールトッピング「povo2.0」

「povo2.0」は、ベースプランが基本料0円で、通話かけ放題などの「通話トッピング」、実質20GBが月額2,163円で利用できる60GB (90日間) など6種類の「データトッピング」、「DAZN」や「smash.」が一定期間データも含めて使い放題になる「コンテンツトッピング」など、ユーザーそれぞれの使い方に合わせてトッピングを自由に購入することができる自由度がめちゃくちゃ高いプランとなっています。

#ギガ活でデータが貯まる

#ギガ活は「povo2.0」で使えるギガ (データ)を貯めることができるギガチャージの活動です。

対象店舗やサービスを利用することでギガをもらったり、街中やバーチャルイベントなどに隠れているギガをさがしたり、抽選などでギガあてるといった3つの取り組みが実施されます。

ギガ活の方法内容
もらう対象店舗におけるau PAY支払いや、対象店舗のご利用などを通じ、ギガを「もらう」ことができます。
さがす街中やバーチャル空間でギガを「さがす」と、ギガをチャージすることができます。
あたる店舗やオンラインサービスなどと連携し、抽選などによりギガが「あたる」機会を提供します。

povo2.0のプラン内容

povo2.0のプラン内容

povo2.0のプラン内容を解説します。

povo2.0は月額基本料0円のベースプランを契約し、10種類のトッピングを自分の用途に合わせていつでも自由に購入して利用することができるプランです。

※180日間以上有料トッピングの購入などがない場合、利用停止、契約解除となることがあるようなので、そこは注意が必要です。

ベースプラン

月額基本料0円
月間データ容量0GB
国内通話料30秒/22円
国内SMS利用料送信: 1通/3.3円  [70文字まで]
受信: 無料

※トッピングによるデータ容量の追加などがない場合、通信速度は送受信最大128kbpsとなります。

データトッピング

トッピング名料金/回
データトッピングデータ追加1GB (7日間)390円
データ追加3GB (30日間)990円
データ追加20GB (30日間)2,700円
データ追加60GB (90日間)6,490円
データ追加150GB (180日間)12,980円
データ使い放題 (24時間)330円

通話トッピング

トッピング名料金/回
通話トッピング5分以内通話かけ放題550円
通話かけ放題1,650円

コンテンツトッピング

トッピング名料金/回
コンテンツトッピングDAZN使い放題パック (7日間)760円
mash.使い放題パック (24時間)220円

サポートトッピング

トッピング名料金/月額
サポートトッピングスマホ故障サポート830円

povo2.0とpovo1.0のプラン内容の違いを比較

povo2.0とpovo1.0を比較

povo2.0とpovo1.0プラン内容を比較していきます。

ベースプラン比較

povo1.0povo2.0
月額基本料2,728円0円
月間データ容量20GB0GB
データ容量0GB時の通信速度最大1Mbps最大128kbps
国内通話料30秒/22円30秒/22円
国内SMS利用料送信: 1通/3.3円  [70文字まで]
受信: 無料
送信: 1通/3.3円  [70文字まで]
受信: 無料
契約できる方20歳以上13歳以上
au契約期間引継ぎ不可引継ぎ不可
支払い方法クレジットカードクレジットカード

povo2.0は、トッピングを自分が必要な時にいつでも購入できるプランとなっているため、月額料金が0円、データ容量も0GBとなっています。povo2.0は、povo1.0よりもはるかに自由度が高いプランになっています。

データ容量超過時の通信速度は最大128kbpsとなっており、povo1.0のときよりも遅くなっています。

契約できる人の年齢は20歳以上から13歳以上に変更されています。

トッピング比較

povo1.0povo2.0
データトッピング1GB550円[31日間]390円[7日間]
3GB990円[30日間]
20GB2,700円[30日間]
60GB6,490円[90日間]
150GB12,980円[180日間]
データ使い放題 24時間220円[24時間]330円[24時間]
コンテンツトッピングDAZN使い放題パック760円[7日間]
smash.使い放題パック220円[24時間]
通話トッピング5分以内通話かけ放題550円[1ヶ月間]550円[1ヶ月間]
通話かけ放題1,650円[1ヶ月間]1,650円[1ヶ月間]
サポートトッピングスマホ故障サポート830円[月額]

データトッピング

povo2.0のデータトッピングでは、1GBから150GBまで5つの容量の中からトッピングを選ぶことができます。

povo2.0でもデータ使い放題 24時間は提供されますが、330円となっており、povo1.0のときよりも110円高くなっています。

コンテンツトッピング

povo2.0では新たにコンテンツトッピングが登場。

野球やサッカー、モータースポーツなどのライブスポーツが見放題となる「DAZN使い放題パック (7日間)」と、音楽、ドラマ、アニメ、バラエティなどを楽しめるバーティカルシアターアプリを利用できる「smash.使い放題パック (24時間)」が用意されています。

通話トッピング

通話トッピングはpovo2.0もpovo1.0も同じで、5分以内通話かけ放題と通話かけ放題の2種類です。価格も同じです。

サポートトッピング

povo2.0では新たにサポートトッピングが登場。

利用中のiPhoneやAndroidスマートフォンが故障、破損、水濡れ (紛失・盗難は対象外) などのトラブルにあった場合、端末交換を申し込みすると、最短で当日中、原則申し込み完了の翌日に交換用の端末を届けてくれるトッピングです。

対象者「povo2.0」加入者
料金月額830円

※購入の翌月1日から料金が発生します。
※解約の申し出がない場合、自動更新となります。なお、「スマホ故障サポート」を解約した場合、解約した日の翌日から180日間は再度購入することはできません。
※povo2.0の解約および利用停止をもって「スマホ故障サポート」は自動解約となります。

対象端末「povo2.0」が利用できるiPhoneおよびAndroidスマートフォン
※日本国内で販売されている端末に限ります。
サービス詳細登録した端末が、故障、破損、水濡れ (紛失や盗難は対象外) となった場合、端末交換を申し込むと、最短で当日中、原則申し込み完了の翌日に当社指定の交換用端末をお届けします。

「スマホ故障サポート」購入の翌月かつ製品情報の登録完了後、交換のお申し込みが可能となります。

※故障や動作不具合など外装破損以外の不具合の場合、チャットでの故障診断が必要です。
※お届け日や時間帯の指定、コンビニや宅配受け取りロッカーでの受け取りも可能です。
※購入の翌月1日以降に端末登録が完了した場合は、その日から端末交換のお申し込みが可能です。

交換利用回数1年間に2回まで
交換時の負担金額iPhone:12,900円/回

Android:1回目が5,500円、2回目:が8,800円

povo2.0のメリット

povo2.0のメリット

ここからはpovo2.0のメリットを解説します。

povo2.0のメリット①:基本料金0円でオールトッピングだから自分だけのプランを作れる

povo2.0は基本料金0円、データ容量0GBというプランなので、トッピングを購入して自分好みのプランを作ることができます。

これだけ自由度の高いプランであれば、節約したいときやガッツリデータ容量を使いたいときなど、いろいろと使い分けができるのでかなり便利です。

povo2.0のメリット②:#ギガ活でデータをゲットできる

povo2.0では対象店舗で条件を満たしてau PAY支払したり、対象店舗やサービスで一定額以上購入など、日常の買い物やサービス利用することでデータが貯まる「#ギガ活」をすることができます。

ポイ活ような感覚でpovo2.0で使えるギガ (データ)を貯めることができるので、うまく活用することができればよりお得にでpovo2.0を利用することが可能になります。

povo2.0のデメリット

povo2.0のデメリット

続いてpovo2.0のデメリットを解説します。

povo2.0のデメリット①:povo1.0よりもプランが複雑になった

povo2.0は自由度が非常に高いプランになりましたが、それによって逆にpovo1.0のときよりも料金プランが複雑になったと思います。

スマホ料金プランのことをいろいろと考えられる方なら、povo2.0は非常に使い勝手の良いプランだとは思いますが、そうでない人からすると使いにくいプランになってしまう可能性があります。

povo2.0のデメリット②:データ容量0GB時の通信速度が最大128kbps

povo2.0ではデータ容量0GB時の通信速度が最大128kbpsになっており、最大1Mbpsだったpovo1.0のときよりもかなり遅くなっています。

データ容量を使い切ってしまってもデータ容量をチャージして使わない方にとっては、デメリットになります。

povo2.0のデメリット③:povo2.0に移行したらpovo1.0には戻れない

povo1.0はpovo2.0のサービス開始と同時に新規受付が終了となってしまうので、povo2.0に一度移行してしまったらpovo1.0に戻ることができません。

現在povo1.0を契約している方で、povo2.0に移行する方は注意しましょう。

povo2.0のデメリット④:povo2.0移行の際にSIMカードの変更が必要な場合がある

povo1.0を利用中のユーザーがpovo2.0に変更する場合とauからpovo2.0に変更する場合、SIMカードの変更が必要になります。

SIMを変更する手間が発生してしまうのはデメリットです。

povo2.0のデメリット⑤:キャリアメールが使えない

povo2.0は、キャリアメール非対応のため、auメール(@au.com/@ezweb.ne.jp)が使えません。

auメールを使っている方は、Gmailやヤフーメールなど他のサービスで代用する必要があります。

povo2.0のデメリット⑥:手続きはすべてオンライン

povo2.0の申込み・手続きは全て「povo」専用サイトから申し込む必要があります。

すべてオンラインでやらないといけないので、慣れていない方は注意が必要です。

まとめ:povo2.0は上級者向け

本記事ではpovo2.0のプラン内容、povo1.0との比較、メリット・デメリットを解説しました。

povo2.0は月額基本料0円のベースプランを契約し、10種類のトッピングから自分の用途に合わせたものを選ぶことでプランを作ることができます。

こまめにトッピングを購入していくことが面倒でない方にとっては、非常に便利なプランだと思います。

ただ、そういったことが面倒だと感じる方にとってはちょっと使いづらいプランかもしれないなと感じました。

ahamoLINEMOといった他のプランもあるので、本記事の内容も参考にしつつ、自分にあったプランを探してみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
auキャリアレポート・レビュー・口コミ・評判
スマホアプリライフ!!をフォローする
スマホアプリライフ!!おすすめAndroid、iPhoneアプリ情報サイト
タイトルとURLをコピーしました