東京電力公式スマホアプリ『TEPCO速報』に新機能「災害時マップ」が追加。周辺の避難施設を検索や避難施設へのルート検索などが可能に

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

東京電力公式スマホアプリ『TEPCO速報』がアップデートされ、新機能「災害時マップ」が追加されました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

『TEPCO速報』とは

『TEPCO速報』は、登録した地域での停電・雨雲・雷雲・地震情報などをプッシュ通知で教えてくれる東京電力公式スマホアプリです。

東京電力公式スマホアプリ「TEPCO速報」0008

最大8カ所まで地域登録ができます。自宅、実家、勤務先などを登録する事で、登録地域の情報などをプッシュ通知で確認できます。

東京電力公式スマホアプリ「TEPCO速報」0009

なお、『TEPCO速報』の対象地域は栃木県・群馬県・茨城県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・山梨県・静岡県・福島県・新潟県です。

『TEPCO速報』の新機能「災害時マップ」について

新機能「災害時マップ」では、

  • 避難施設を検索&ルート検索
  • 標高を表示
  • 停電情報を表示
  • ハザードマップ、防災関連SNSへのリンク

といった機能を利用できます。

避難施設を検索&ルート検索

現在地や住所、登録地域から周辺の避難施設の検索と避難施設へのルート検索を行うことができます。

東京電力公式スマホアプリ「TEPCO速報」0005

標高を表示

現在地や登録地、検索した避難場所などの標高が表示されるので、津波や土砂災害の危険が発生した際に役立てることができます。

東京電力公式スマホアプリ「TEPCO速報」0010

停電情報を表示

検索したエリアで停電が発生している場合は、停電の発生のお知らせがマップ上に表示されます。

東京電力公式スマホアプリ「TEPCO速報」0003

ハザードマップ、防災関連SNSへのリンク

「防災情報 SNS・ハザードマップ」からは

  • 首相官邸
  • 内閣府防災
  • 総務省消防庁
  • ハザードマップ
  • 防災関連SNS

などへ飛ぶことができ、災害情報をいち早く入手できるようになっています。

東京電力公式スマホアプリ「TEPCO速報」0011

Google PlayでダウンロードApp Storeでダウンロード

タイトルとURLをコピーしました