【2022年最新】スマホ料金プラン比較

ドコモメール・auメール・ソフトバンクメールのメールアドレスを解約後もそのまま使う方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。
ドコモメール・auメール・ソフトバンクメールのメールアドレスを解約後もそのまま使う方法

ドコモメール・auメール・ソフトバンクメールといったキャリアメールのメールアドレスを、解約後もそのまま使う方法を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドコモメール・auメール・ソフトバンクメールのメールアドレスを解約後もそのまま使う方法

2021年の12月より、ドコモ・au・ソフトバンクが「メールアドレス持ち運び」サービスの提供を開始しました。

有料サービスではありますが、各キャリアの「メールアドレス持ち運び」サービスを利用することで、ドコモメール・auメール・ソフトバンクメールのメールアドレスを解約後もそのまま使うことが可能です。

ドコモメール持ち運び

ドコモメール持ち運びは、ドコモ回線解約後やahamoへのプラン変更後も、ドコモメール(@docomo.ne.jp)を引き続き利用できるようになるサービス。クラウドで保管されているメールデータもそのまま残すことができます。


ドコモメール持ち運びを利用するには、ドコモ回線の解約日から31日以内の申込みが必要。ahamoにプラン変更の場合は、プラン変更と同時に申込みが必要となります。

料金は1メールアドレスあたり月額使用料330円。初回申込み日から31日間は月額使用料が無料となります。

auメール持ち運び

auメール持ち運びは、au解約後もauメールアドレス(@ezweb.ne.jp/@au.com)を継続して利用することができるサービス。

povo」「UQ mobile」や、他の携帯電話会社へ移行後もメールの送受信、迷惑メールフィルターなどの機能を利用できます。

auメール持ち運びを利用するには、au解約後31日以内に申し込みが必要。

料金は1メールアドレスあたり月額330円。

メールアドレス持ち運び(ソフトバンク)

メールアドレス持ち運びは、ソフトバンクおよびワイモバイルのメールアドレス(@softbank.ne.jp等)を、回線契約を終了した後も利用することができるサービス。

メールアドレス持ち運びを利用するには、ソフトバンクまたはワイモバイルの回線契約を終了した翌日から起算して31日以内に申し込みが必要。

料金は1メールアドレスごと年額料3,300円。現状は年額でしか申し込めませんが、2022年夏ごろに月額払い(330円/月)の提供がスタートする予定となっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
NTTドコモソフトバンク(softbank)auキャリア
スマホアプリライフ!!をフォローする
スマホアプリライフ!!おすすめAndroid、iPhoneアプリ情報サイト
タイトルとURLをコピーしました