【2022年最新】スマホ料金プラン比較

UQ mobileを3年以上利用してわかったメリット・デメリットを解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約8分で読めます。

UQ mobileのメリット・デメリット

UQ mobileを3年以上利用したスマホアプリライフ管理人が、UQ mobileを利用して感じたメリット・デメリットを解説します。

  • 今猛烈にUQ mobileが気になっている
  • UQ mobileのメリット・デメリット、いいところ・悪いところが知りたい

そう思っている方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

UQ mobileのメリット

UQ mobileメリット

私が思うUQ mobileのメリットは以下のとおり。

  1. UQ mobileはauのサブブランド
  2. 毎月のスマホ代を安く・節約することができる
  3. 「くりこしプラン +5G」がシンプルで安い
  4. 通話オプションを選ぶことができる
  5. データ通信速度が早くネットを快適に利用できる
  6. データ容量の繰越ができる
  7. 節約モードを使ってデータ容量の消費をコントロールできる
  8. 今使っているiPhoneやAndroidスマホをそのまま使える可能性が高い
  9. キャリア決済が使える
  10. サポートがしっかりしている

UQ mobileのメリット①:UQ mobileはauのサブブランド

5月14日にUQ mobile事業がKDDIに統合されることが発表されています。UQmobileは今後auのサブブランドとして位置づけられることになり、よりサービスの強化を期待できます。

UQ mobileのメリット②:毎月のスマホ代を安く・節約することができる

貯金箱に小銭を入れるサラリーマン

UQ mobileにすることで、毎月のスマホ代が安くなります。

私の場合、大手キャリアで契約していたころの毎月の携帯料金は約7,000円だったので、UQ mobileに乗り換えたことで毎月約4,500~5,000円節約できています。

UQ mobileのメリット③:「くりこしプラン +5G」がシンプルで安い

2021年9月2日から提供開始の新プラン「くりこしプラン +5G」はシンプルでわかりやすいだけでなく安いです。

  • くりこしプランS +5G(月額1,628円、3GB)
  • くりこしプランM+5G(月額2,728円、15GB)
  • くりこしプランL+5G(月額3,828円、25GB)

UQ mobileくりこしプラン +5G

「くりこしプラン +5G」にはauでんきに加入または対象のインターネットサービスまたはau ホームルーター 5Gに加入で、くりこしプラン +5G が割引になる「自宅セット割」があるので、適用できる方であればさらに安く利用することも可能です。

UQ mobile自宅セット割

 

UQ mobileのメリット④:通話オプションを選ぶことができる

電話しながら笑顔になるドイツ人ハーフ

くりこしプランSの通話オプションは月額550円で最大60分/月の国内通話が定額になる「通信パック(60分/月)」、月額770円で国内通話が10分かけ放題になる「かけ放題(10分/回)」、月額1,870円で国内通話がかけ放題になる「かけ放題(24時間いつでも)」の3つ用意されているので、いろいろな人に対応できるようになっています。

UQ mobileのメリット⑤:データ通信速度が早くネットを快適に利用できる

スマートにニュースを確認するのフリー画像

UQ mobileは格安SIMの中でもデータ通信速度が非常に早く安定しており、ネットを快適に利用できます。

格安SIMはお昼の時間や夜の時間に通信速度が遅くなってストレスになることが多いですが、UQ mobileはほとんどストレスを感じることなくネットを楽しむことができます。

私は以前IIJmioを利用していたのですが、お昼の時間になると通信速度が落ちてしまって結構ストレスを感じていました。

しかしUQ mobileに乗り換えたことでそれが解消しました。

携帯料金を安くできるだけでなく、通信速度も速く安定しているUQ mobileは最高におすすめの格安SIM・MVNOサービスだと個人的には思っています。

ちなみにお昼の時間帯にスピードテストしてみた結果はこんな感じです。

UQ mobileスピードテスト

UQ mobileのメリット⑥:データ容量の繰越ができる

UQ mobileは前月に余ったデータ容量を翌月に繰越できます。

データ容量をうまく節約しながら使うことで、データ容量が3GBのスマホプランSでも、毎月4GBとか5GBを使えるような状態を維持しながら使うことも可能です。

繰越ができない格安SIMもあったりするので、前月分の残りを無駄にすることなく使えるのは、UQ mobileの非常に大きなメリットです。

UQ mobileのメリット⑦:節約モードを使ってデータ容量の消費をコントロールできる

UQ mobileには「UQ mobile ポータルアプリ」を利用することで、ワンタップでデータ容量を消費する「高速モード」とデータ容量を消費しない「節約モード」を切り替えながら使うことができます。

私が契約しているスマホプランSの「節約モード」だと送受信最大300Kbpsになりますが、TwitterやLINEなどのテキスト中心のSNSアプリであれば、そこまでストレスなく利用できます。

なので、使う場面によって「高速モード」と「節約モード」を切り替えることで、データ消費を自分である程度コントロールしながら使うことができます。

UQ mobileのメリット⑧:今使っているiPhoneやAndroidスマホをそのまま使える可能性が高い

UQ mobileは動作確認済の製品が300機種以上あります。これまでドコモ・au・ソフトバンクで使っていたiPhoneやAndroidスマホもSIMロック解除をしておけば、そのまま使える可能性が高いです。

UQ mobileのメリット⑨:キャリア決済が使える

UQ mobileでは、「auかんたん決済」というキャリア決済が利用可能です。

「auかんたん決済」を使えばGoogle Play、App Store、Apple Music、iTunes Store、Apple Booksで購入したアプリやデジタルコンテンツ、ショッピング等での使った支払った金額をUQ mobileの利用料金にまとめることができます。

UQ mobileのメリット⑩:サポートがしっかりしている

家族割を申し込むときにUQお客さまセンターに電話したんですけど、説明も登録も非常に丁寧でスムーズに行うことができました。

UQ mobileのメリット⑪:くりこしプラン +5GでLINEアプリの年齢認証に対応

くりこしプラン +5GでLINEアプリの年齢認証に対応しました。

これまでのプランではLINEアプリの年齢認証には非対応だったので、そこが気になっていた人でも契約しやすくなりました。

UQ mobileのデメリット

UQ mobileデメリット

私が思うUQ mobileのデメリットは以下のとおり。

  1. 販売しているスマホのラインナップが微妙

UQ mobileのデメリット①:販売しているスマホのラインナップが微妙

UQ mobileに限った話ではないですが、格安SIM・MVNOが販売しているスマホのラインナップは微妙なことが多いです。

なので、Apple StoreやAmazon、家電量販店、オンラインショップなどで自分が使いたいスマホを探して購入する必要があります。

UQ mobileのメリット・デメリットまとめ:デメリットが少ない格安SIM

「ここ試験にでるよ!」と熱弁する塾講師

本記事では、UQ mobileを3年以上利用したスマホアプリライフ管理人が感じたメリット・デメリットを書きました。

最後にもう一度メリット・デメリットをまとめると

  • UQ mobileはauのサブブランド
  • 毎月のスマホ代を安く・節約することができる
  • 「くりこしプラン +5G」がシンプルで安い
  • 通話オプションを選ぶことができる
  • データ通信速度が早くネットを快適に利用できる
  • データ容量の繰越ができる
  • 節約モードを使ってデータ容量の消費をコントロールできる
  • 今使っているiPhoneやAndroidスマホをそのまま使える可能性が高い
  • キャリア決済が使える
  • サポートがしっかりしている
  • 販売しているスマホのラインナップが微妙

こんな感じです。

UQ mobileを3年以上利用して、格安SIMで懸念される通信速度も比較的安定して速いですし、毎月の携帯代を抑えることもできていますし、個人的には本当に幅広い方におすすめできる格安SIMだと思っています。

またUQ mobileは、J.D.パワージャパンによる「2020年格安SIMカードサービス顧客満足度調査」において、昨年度に続き、2年連続で総合満足度第1位を受賞しており、非常に顧客満足度が高い点も魅力です。

タイトルとURLをコピーしました