コスパ抜群の格安SIMに乗り換えた理由を4つ上げてみた

シェアする

格安SIMに乗り換えた理由

どうも管理人です。

去年の終わり頃に、長い間利用していたドコモからIIJmioにMNPしました。

初めての格安SIM、IIJmio(みおふぉん)へMNP!!申し込みからSIM到着までを紹介

今回は、管理人がなぜ格安SIMに移行したのか?その理由を4つ紹介していきます。

スポンサーリンク

通話定額が必要なかった

ドコモの場合、国内宛の通話が24時間定額になる「カケホーダイプラン」があります。これが月額2,700円。管理人は、ケータイを利用していて通話料が2,700円を超えるようなことはまずないので、個人的にはこのプランは全く必要ありませんでした。

よく通話する人にはかなりメリットがあるプランですけど、電話しない人からすれば通話料金がただ上がるだけですからね。

MNPで乗り換えできる

IIJmioは、携帯電話番号を変えることなく、番号そのままで乗り換えるMNP(モバイル・ナンバー・ポータビリティ)を利用できたのでスムーズに移行できました。

知り合いなどに連絡先の変更を連絡するのも面倒なので、電話番号をそのままで乗り換えられるのはやはり便利です。

キャリアメールがなくても問題なかった

格安SIMに乗り換えるとNTTドコモの「docomo.ne.jp」、KDDI(au)の「ezweb.ne.jp」、ソフトバンクモバイルの「softbank.ne.jp」といったキャリアメールが使えなくなります。

管理人は、キャリアメールをあまり利用していなかったので『LINE』『Yahoo!メール』『Gmail』などがあれば困ることはありませんでした。

コスパが抜群にいい

格安SIMに乗り換えることの主な理由は、料金の安さ!!月額の利用料金を大幅に下げることができます。管理人は、通話をすることがあまりないし、データ通信量も2GBあれば十分だったので音声通話機能付きSIMの一番安いプランを契約しました。基本的にいままでと同じように使えて、料金が安くなる格安SIMの料金プランはとても魅力的でした。

管理人の場合は、約6700円(機種代は除く)→約1,700円(通話をほとんどしなかった場合)になり約5,000円安くなりました。年間で考えると、約60,000円の節約になりました。

まとめ

格安SIMはコスパ抜群でいいところもたくさんありますが、すべての人にとってメリットがあるかといえばそうではありません。通話をよくするという人、キャリアメールが必要な人、ショップでのサポートが必ず必要だという人などは、ドコモ、KDDI、ソフトバンクといった大手キャリアとの契約の方がいいと思います。

自分のスマホの利用状況をしっかりと見直してみて、もしスマホの利用状況が私と同じような場合は格安SIMへの乗り換えを検討してみるのもいいかもしれませんよ!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

おすすめ記事