おすすめ格安SIMランキング

スマホアプリ版『Zoom(ズーム)』でバージョンを確認する方法【iPhone・Android】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

2020年5月30日以降、GCM暗号化が完全に有効になるため、ミーティングに参加するにはZoom(ズーム)のバージョンが5.0以上である必要があります。バージョンが古い場合はアップデートが必要になります。

本記事では、今利用しているスマホアプリ版『Zoom(ズーム)』のバージョンが5.0以上なのか確認したいという方のために、バージョンを確認する方法を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スマホアプリ版『Zoom(ズーム)』でバージョンを確認する方法【iPhone・Android】

iPhoneでもAndroidスマホでやり方は同じです。

『ZOOM Cloud Meetings』を起動し、画面右下にある「設定」をタップ。

スマホアプリ版『Zoom(ズーム)』でバージョンを確認する方法1

「詳細情報」をタップ。

スマホアプリ版『Zoom(ズーム)』でバージョンを確認する方法0

すると詳細情報が表示されるので、その中にあるバージョンの数字をチェックすることで、バージョンを確認することができます。画像は「5.0.4」となっているので、5.0以上であることがわかります。

スマホアプリ版『Zoom(ズーム)』でバージョンを確認する方法2

スマホアプリ版『Zoom(ズーム)』のバージョンが5.0以降じゃなければどうすればいいの?

『Zoom(ズーム)』のバージョンが低い場合は、アプリをアップデートすればOKです。

iPhoneならApp Store、AndroidスマホならGoogle Playで『ZOOM Cloud Meetings』を最新バージョンにアップデートしましょう。

スマホアプリ版『Zoom(ズーム)』の登録方法をわかりやすく紹介
テレワーク、在宅勤務で注目されているWeb会議サービス「Zoom(ズーム)」をスマホ(iPhone・Android)で使いたい方向けに、新規登録方法を画像を使いながらわかりやすく解説しています。「Zoom(ズーム)」が気になっていて使いたいと思っていた方は、ぜひ参考にしてください。
タイトルとURLをコピーしました