【2021年最新】スマホ料金プラン比較

マスクしたままでiPhoneの顔認証を解除する設定方法【Apple Watch必須】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。

iPhoneの使い方(小技・裏技)Appleが公開したiOS14.5において、Apple Watchを使うことでマスクしたままでiPhoneの顔認証を解除することが可能になりました。

本記事では、マスクしたままでiPhoneの顔認証を解除する設定方法を紹介します。

実際に使ってみたけどマジで便利です

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マスクしたままでiPhoneの顔認証を解除する設定方法 【Apple Watch必須】

マスクしたままでiPhoneの顔認証を解除する設定方法を紹介します。

事前準備

マスクしたままでiPhoneの顔認証を解除する設定をするにはiOSとwatchOSを最新のものにアップデートする必要があります。

  1. iPhoneのiOSがiOS14.5以降
  2. Apple WatchのwatchOSがwatchOS7.4以降

※この機能を使えるのはiPhone X以降のiPhoneとApple Watch Series 3以降のApple Watchです。

iPhoneで設定すること

iPhoneとApple WatchのOSアップデートをしたら、iPhoneの「設定」をタップ。

設定アプリ

「FaceIDとパスコード」をタップ。

マスクしたままでiPhoneの顔認証を解除する設定方法その1

「AppleWatchでロック解除」のスイッチをタップしてオンにする。

マスクしたままでiPhoneの顔認証を解除する設定方法2

スイッチをオンにすると下の画面が表示されるので、オンをタップ。これで設定は完了です。

マスクしたままでiPhoneの顔認証を解除する設定方法3

あとパスコード保護が有効化されている必要があります。設定状況を確認するにはiPhoneの『Watch』アプリの「パスコード」で確認できます。

下の画像のようになっていればパスコードが有効化されています。

Apple Watchのパスコード設定を確認

Apple Watchで設定すること

特にないです。iPhone側で設定すれば使えるようになります。

マスクしたままでiPhoneの顔認証するとApple Watchが振動しロックが解除されるように

上記の設定を行ったあとは、Apple Watchを装着し、マスクをした状態でiPhoneの顔認証をしようとするとApple Watchが振動しロックが解除されます。

※パスコードの入力が求められることがあります

マスクしたままでiPhoneの顔認証を解除する設定方法5

使い勝手がめちゃくちゃ向上するのでApple Watch Series 3以降のApple Watchを持っている方は、すぐに設定することをおすすめします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
iPhoneの使い方・設定スマホの使い方
スマホアプリライフ!!をフォローする
スマホアプリライフ!!おすすめAndroid、iPhoneアプリ情報サイト
タイトルとURLをコピーしました