【楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT V(楽天アンリミット)レビュー】メリット・デメリットや使ってみた感想まとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約9分で読めます。

楽天アンリミット

楽天モバイルが2020年4月8日からサービス提供を開始している「Rakuten UN-LIMIT(楽天アンリミット)」。最近CMも結構流れてますよね。

  • 1年間月額2,980円のプラン料金が無料
  • データ使い放題、通話し放題

と非常に魅力的なサービス内容となっているため、「Rakuten UN-LIMIT(楽天アンリミット)が気になっている」という方も多いのではないでしょうか。

そんな方のために本記事では

  • Rakuten UN-LIMIT V(楽天アンリミット)のメリット・デメリット
  • 実際にRakuten UN-LIMIT V(楽天アンリミット)を契約して使ってみた感想

を書いています。

Rakuten UN-LIMIT V(楽天アンリミット)が気になっている方・契約を迷っている方の参考になると嬉しいです。

約3ヶ月利用して感じた良いところ・悪いところを正直に書いてくよ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT V(楽天アンリミット)のデメリット

私が思うUN-LIMIT V(楽天アンリミット)のデメリットは以下のとおり。

  • 楽天回線エリア内でないとデータ使い放題ではない
  • プランが1つしかない
  • iPhoneの対応状況が微妙

それぞれ詳しく解説していきます。

デメリット①:楽天回線エリア内でないとデータ使い放題ではない

楽天モバイルのサービスはまだ始まって間もないこともあり、全国どこでも楽天回線エリアの範囲内というわけではありません。

東京・名古屋・大阪・福岡など大きい都市はそれなりに使えますが、それ以外の地域には関してはまだまだといった印象です。

楽天回線エリア内でないとデータ使い放題ではないこともあり、現状エリア外に住んでいる方にとっては1年間料金無料とはいえ、魅力は半減してしまいます。

ちなみにパートナー回線エリア(楽天回線エリア外)だとデータ通信月5GBまで利用可能です。5GBを超えた場合は最大1Mbpsで通信可能です。5GBがめちゃくちゃ少ないとはいいませんが、データ使い放題と比較するとやはり物足りません。

デメリット②:プランが1つしかない

現状、Rakuten UN-LIMIT V(楽天アンリミット)はプランは1つのみです。

非常にシンプルでわかりやすくていいのですが、「データ使い放題じゃなくてもいいからもうちょっと安く使いたい」みたいな人も月額2,980円のプランしか選択できないので、そういった部分ではちょっと使いにくいと感じるかもしれません。まあただ、現状は1年無料ということなので、そこまで気にしなくてもいいと思いますし、今後新プランもでてくるかもしれませんしね。

デメリット③:iPhoneの対応状況が微妙

iOS版のRakuten Linkアプリが配信されたことで、以前よりかはiPhoneでも利用しやすい状況になりました。

しかし現状、Android版では配信されているmy 楽天モバイルアプリのiOS版が配信されていないことや一部利用できない機能があること、またiPhoneが動作確認済製品であったとしても、楽天モバイルの動作保証対象外になるとの記載がホームページにあるなど、安心して楽天モバイルでiPhoneを使える状況だとはちょっと言いにくい状況ではあります。

記事更新時点で、主要な機能が利用できるiPhoneは以下のとおり。

  • iPhone SE2
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11
  • iPhone XS
  • iPhone XR

楽天モバイルでのiPhoneの対応状況については以下のページで説明されています。気になる方は要チェックです。

楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT V(楽天アンリミット)のメリット

私が思うRakuten UN-LIMIT V(楽天アンリミット)のメリットは以下のとおりです。

  • 1年間プラン料金が無料
  • 5G対応プラン「Rakuten UN-LIMIT V」になっても料金そのまま
  • 楽天回線エリアであればデータ使い放題
  • Rakuten Linkアプリを利用すれば国内通話かけ放題
  • 海外指定66の国と地域でデータ通信が月2GBまで使える
  • 楽天市場での買い物がポイント+1倍に

それぞれ詳しく解説していきます。

メリット①:1年間プラン料金が無料(解約料も無料)

Rakuten UN-LIMIT V(楽天アンリミット)は300万名を対象に、1年間月額2,980円のプラン料金が無料になるキャンペーンが実施されています。

まだできたばかりのサービスなので、まだまだサービスとして微妙なところがあるとはいえ、1年間完全無料で使えるのは非常に大きなメリットです。

契約の縛りもなし。解約料も無料となっているので、とりあえず楽天モバイルを試してみたい方にとっては非常に魅力的な状況です。

キャンペーンを利用しないのはもったいないレベルだと思います。

メリット②:5G対応プランになっても料金そのまま

2020年9月30日に発表された楽天モバイルの5Gプラン「Rakuten UN-LIMIT V」

プランは一つのみで、月額料金はそのままで月額2,980円です。

現状5Gエリアが相当限られているため、恩恵を受けられる人は少ないとは思いますが、料金そのままなのは非常にうれしいところです。

メリット③:楽天回線エリアであればデータ使い放題

Rakuten UN-LIMIT V(楽天アンリミット)は、楽天回線エリア内であればデータ通信が使い放題となっており、データ容量を気にせずに使えます。

「あとこれだけ使ったら速度制限かかるし、ちょっと我慢しよう」みたいなのがなくなるので、スマホを家でも外出先でも思いっきり使うことができます。

楽天回線エリア内に住んでいる人であれば、データ使い放題というだけでも楽天モバイルを利用するメリットは十分あると思います。

メリット④:Rakuten Linkアプリを利用すれば国内通話かけ放題

Rakuten Linkアプリという専用アプリを利用すれば、国内通話を無料(一部対象外番号あり)でかけることができます。Rakuten Linkアプリ利用しないで通話してしまった場合は、20円/30秒の通話量がかかってしまうので注意が必要。

最近はLINEで通話することも多いとは思いますが、とはいえ普通に電話かけることもあると思うので、国内通話かけ放題があるのは非常に便利です。

メリット⑤:海外指定66の国と地域でデータ通信が月2GBまで使える

海外指定66の国と地域であれば使えます。

海外だと日本国内とは別にデータ通信が月2GBまで利用できます。2GB超過後は最大128kbpsになります。

海外に行かない人にとっては無駄なサービスかもしれませんが、いつ海外に行くになるかわからないですからね。使う使わない関係なく、楽天アンリミットにはこういったサービス内容が含まれているということを覚えておきましょう。

海外指定66の国と地域(2020年3月3日時点)

アイスランド、アイルランド、アメリカ(ハワイ)、アメリカ本土、アンドラ、イギリス、イタリア、インド、インドネシア、エストニア、オーストラリア、オーストリア、オランダ、カナダ、カンボジア、韓国、キプロス、ギリシャ、グアドループ、グアム、クロアチア、サイパン、ジブラルタル、シンガポール、スイス、スウェーデン、スペイン、スロバキア、スロベニア、タイ、台湾、チェコ共和国、中国、デンマーク、ドイツ、トルコ、ニュージーランド、ノルウェー、ハンガリー、フィリピン、フィンランド、ブラジル、フランス、フランス領ギアナ、ブルガリア、ベトナム、ペルー、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、香港、マカオ、マルタ、マルティニーク、マレーシア、南アフリカ、ミャンマー、メキシコ、モロッコ、ラトビア、リトアニア、リヒテンシュタイン、ルーマニア、ルクセンブルク、レユニオン、ロシア

メリット⑥:楽天市場での買い物時にポイント+1倍になってお得に

楽天アンリミットを契約すると楽天市場での買い物時にポイント+1倍となり、もらえるポイントが増えます。

貯まった楽天ポイントは、買い物や楽天カードの支払いのなどにも使うことが可能です。

貯まった楽天ポイントは楽天ペイで使ってます

楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT V(楽天アンリミット)を実際に使ってみた感想・レビュー

私は楽天アンリミット契約時にOPPO Reno Aを購入し、楽天モバイルのSIMをさして使っています。住んでいる場所は楽天回線エリア内です。

通信速度は結構快適

まず通信速度に関してです。下にスピードテストを結果の画像を貼り付けておきますが、20Mbpsぐらいが結構安定して出ます。30,40Mbpsぐらいの速度もちょくちょくでるので、通信速度に関しては結構満足しています。これでデータ使い放題ということなので、今後も速度が落ちないのであればかなり使えると思いました。

5Gに関してはエリア外&5G対応端末ではないので試せていません。

oppo renoaスピードテスト

通話品質は微妙

次に通話に関してです。Rakuten Linkアプリを利用して通話するわけですが、通話品質としては個人的には微妙な印象です。何度か通話していますが、安定感がなく、途切れることもちょくちょくある感じです。

普通の通話と比較すると品質は微妙ですが、通話無料ということであれば我慢できる範囲内です。

my 楽天モバイルアプリ、Rakuten Linkアプリの使用感は普通

楽天モバイル関連アプリの使い心地としては特に不満はありません。普通です。

my 楽天モバイルアプリでは、今月のデータ利用量や支払金額、データ高速モードのオンオフ、楽天ポイントの保有量の確認、スピードテスト、サービスエリア情報など、いろいろな情報をチェックできます。それぞれの情報も見やすいです。

Rakuten Linkアプリではチャットと通話でできますが、これまで普通に通話をしたり、LINEなどを使ってきた人であれば戸惑うことなく使えます。

楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT(楽天アンリミット)まとめ

本記事では、実際にRakuten UN-LIMIT V(楽天アンリミット)を使ってみた感想やメリット・デメリットを紹介しました。

  • 楽天回線エリア内でないとデータ使い放題ではない
  • プランが1つしかない
  • iPhoneの対応状況が微妙
  • 1年間プラン料金が無料
  • 5G対応プランになっても料金そのまま
  • 楽天回線エリアであればデータ使い放題
  • Rakuten Linkアプリを利用すれば国内通話かけ放題
  • 海外指定66の国と地域でデータ通信が月2GBまで使える
  • 楽天市場での買い物がポイント+1倍に

Rakuten UN-LIMIT V(楽天アンリミット)は、月額2,980円で楽天回線エリアであればデータ使い放題、Rakuten Linkアプリを利用すれば国内通話かけ放題という非常に魅力的な料金プランとなっています。

今はまだ楽天回線エリアがそんなに広くなかったり、iPhoneへの対応状況が微妙など、まだまだ問題点が多くあります。しかし、この問題点が解消してくればかなり魅力的なキャリアになりそうだと感じています。

キャンペーンで1年間無料で使える状況ですし、解約料も無料なので、気になっている方は一度利用してみるといいと思いますよ!

Rakuten UN-LIMIT V(楽天アンリミット)の申し込み方法・手順

Rakuten UN-LIMIT V(楽天アンリミット)の申し込み方法・手順を解説しています。難しいところはとくにないですが、不安な方はこちらもチェックしてみてください。

【楽天モバイル】楽天アンリミットの申し込み方法・手順を解説
楽天モバイル 楽天アンリミットを一度使ってみたい。申し込みはどこからどうすればいいの? そんな方のために本記事では、楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT(楽天アンリミット)の申し込み方法・...
タイトルとURLをコピーしました