【2022年最新】スマホ料金プラン比較

iPhone13のサブ回線におすすめのeSIM対応プラン【povo2.0・楽天モバイル・LINEMO】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約4分で読めます。
iPhoneのサブ回線におすすめのeSIM対応プラン

iPhone13 mini、iPhone13、iPhone13 Pro/Pro Maxをはじめ、最近のiPhoneはeSIMに対応しているため、デュアルSIMを活用したいと思っている人も多いと思います。

そんな人のために本記事では、iPhone13のサブ回線におすすめのeSIM対応プランを紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

iPhone13のサブ回線におすすめのeSIM対応プラン

iPhone13でデュアルSIM

iPhoneのサブ回線におすすめのeSIM対応プランを3つ紹介します。

povo2.0

povo2.0
月額基本料0円
データトッピング1GB (7日間):390円
3GB (30日間):990円
20GB (30日間):2,700円
60GB (90日間):6,490円
150GB (180日間):12,980円
データ使い放題 (24時間):330円
データ量超過後の通信速度最大128kbps
5G対応
通話22円/30秒
通話オプション5分以内通話かけ放題:550円
通話かけ放題:1,650円

iPhone13のサブ回線におすすめのeSIM対応プラン1つ目は、auのpovo2.0です。

月額基本料0円でデータ容量や通話オプションなどのトッピングを追加することで、自分好みにプランを作ることできます。

330円で24時間データ使い放題のトッピングなんかもあり、大量にデータ量を消費する日があっても対応できるので、サブ回線としての使い勝手は抜群です。

※180日間以上有料トッピングの購入などがない場合、利用停止、契約解除となることがある点には注意が必要です。

LINEMO ミニプラン

LINEMO ミニプラン
月額基本料3GB:990円
データ量超過後の通信速度最大300kbps
5G対応
通話22円/30秒
通話オプション通話準定額:550円
通話定額:1,650円

iPhone13のサブ回線におすすめのeSIM対応プラン2つ目は、ソフトバンクのLINEMO ミニプランです。

楽天モバイルやpovo2.0のように0円スタートのプランではありませんが、3GBのデータ容量に加えてLINEアプリのトークや音声・ビデオ通話のデータ消費がゼロの「LINEギガフリー」があるため、メイン回線のデータ容量だけだとちょっと足りないという人やLINEアプリでのトークや通話の利用頻度が高い人にとっては、サブ回線としての使い勝手は良いと思います。

また、現在通話オプション割引キャンペーンで、5分以内の国内通話が無料になる通話オプション「通話準定額」がLINEMO契約から1年後まで無料で利用することができるので、1年間は5分以内の国内通話用の回線としても使えるところも良いところです。

楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VII

Rakuten UN-LIMIT VII
月額基本料0GB〜3GB:1,078円
3GB〜20GB:2,178円
20GB以上:3,278円
データ量超過後の通信速度最大1Mbps
5G対応
通話22円/30秒
Rakuten Linkアプリ利用でかけ放題
通話オプション15分かけ放題:1,100円

iPhone13のサブ回線におすすめのeSIM対応プラン3つ目は、楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT VIIです。

通話品質は微妙ながらも、Rakuten Linkアプリを使えば通話がかけ放題。20GB以上使う場合でも3,278円で対応できます。2022年7月1日から1GB以内0円がなくなってしまうため、サブ回線としての使い勝手は以前よりもだいぶ悪くなってしまったものの、楽天回線エリア内に住んでいるならサブ回線として使える可能性があります。

iPhone13でサブ回線をうまく活用しよう!

iPhone13のサブ回線におすすめのeSIM対応プランを紹介しました。

サブ回線をうまく活用することで、スマホ料金の節約につながったり、通信障害が起きたときの対策になったり、データ容量が急に必要になったときに対応できるなど、メイン回線1つだけの運用よりも便利にスマホを使えるようになります。

iPhone13を持っている人は、本記事で紹介したeSIM対応プランをぜひ検討してみてください。

タイトルとURLをコピーしました